フォト
無料ブログはココログ

小説の日、時々台風情報

超大型台風ということで、京都で予定していたレクチャーコンサートも中止になり、一日中部屋にいました。特に喫緊の用事はないので、エンターテインメント小説を読んで過ごしました。時折、台風情報を気にしながら。関西でもかなりの大雨だったようですが、ここは高台のマンションなので浸水などの心配はありません。それより、今回は関東直撃ということで、いろいろ気になります。東京周辺には知人友人もたくさんいるし。どうかみなさんに被害がありませんように。被害に合われた方にはお見舞い申し上げます。
いま読んでいる小説は、文庫本で3冊ある長篇。その「中」巻の後半まで読みました。エンターテインメントとはいっても、実は授業の準備でもあるのです。ゼミで発表する学生がいるので。
右の肋あたりが少々疼痛で困っています。8年前に骨折した肋骨あたり。もしかして再び骨折かも。前日に道で少々ひととぶつかったので、それが原因かも。あるいは、単なる筋肉痛。3日前に孫を抱っこしたので。別にたいした痛みではありません。姿勢によっては痛まないし、痛んでも瞬間的だし。連休ですから医者もやっていないので、少し様子を見ます。
深夜ワインはボルドー。音楽はスカルラッティをピアノ版で。台風一過のさわやかな秋風がほしいところです。

71880460_1464526137018741_16892574698401

72366611_1464676940336994_63791880857746

2019年10月12日 (土)

授業2つのち台風対策

ちょっと疲れているので、この日はタクシー出勤。食堂できつねうどんを食べてからスタンバイ。1時20分から2つの授業を無事に終えました。谷川俊太郎詩集は『詩を贈ろうとすることは』(1991年)まで来ました。第一詩集から39年ですが、この先があと29年あります。最後までできるかどうか。
授業の後は、コーヒー豆を買ってからスーパーへ。台風に備えて何か作りおきの料理を一つぐらいは、と考えたところ、やはりローストビーフという結論になりました。いつもの藤井寺の店ではなく、古市駅前の精肉店にローストビーフ用のサーロインの塊があったので、これをオーダーカットしてもらって、500グラムほど購入。いつもはモモ肉(特にラムシン)を使うのですが、サーロインは初めてです。あまり上等ではないのでどうかと思ったのですが、いつもより念入りに調理して晩ごはんに試食したら、なかなかの美味でした。モモ肉とちがって脂身が多いので、保存は4日ぐらいかな、と。
超大型の台風19号はやはり気になります。東海から関東を直撃との予報ですが、関西にも影響が出ることは間違いないところ。12日に京都で予定していたフランス歌曲協会のレクチャーコンサートも中止が決定されました。準備万端だったので少々残念ですが、これは日をあらためて後日開催の予定です。先程から雨が降り始めて、少々風も出てきたようです。みなさんくれぐれもご用心ください。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はラモーをピアノ版で聞いています。少々フレンチな夜。フランスに台風はないんですけど。

72394055_1463608807110474_45738450415622

71969684_1463615500443138_40321734212772

 

2019年10月11日 (金)

授業二つのち校正と依頼状

最近よく行く店で、この日はネギトロ丼を食べて(ちょっと多いです)電車バスで大学へ。40分ほど早く着きました。午後3時より基礎ゼミと作詞演習。作詞演習の方は、この日が歌詞(決定版)の提出日。これを持って来週、音楽学科のゼミに参加します。帰宅は7時過ぎ。
夜は、先日書いた文章の校正ゲラが届いたので早速チェック。翌日までに戻してほしいとのことなので(月刊誌は大変ですね)少しだけ朱を入れて返送。これで一つ終わりました。先日亡くなった長谷川龍生さんについての論考です。あわせて、「びーぐる」46号の依頼状第一弾。入院中の高階船長とあれこれメールで相談しながら人選して、メールや郵便で依頼しています。まだ少ないかな。ちょっと考えます。
超大型の台風接近とのことで、やや緊張しています。ちょうど3連休なので、家にこもっていればすむ話ですが、12日は京都でレクチャーコンサートを担当する予定なので、台風情報がとても気になります。中止になった場合には後日あらためて、ということですが、さて。東海関東直撃との予報が出ていますが、とにかく超大型なので、関西地方も影響はまぬがれないところ。どの程度か、が問題ですが。さて。とりあえず、主催者の判断では、JR西日本が計画運休を発表したら延期、ということです。さて。
深夜ワインはイタリアの赤。音楽はリリー・クラウスのピアノでモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ。ヴァイオリンは名手ボスコフスキー。往年のウィーンフィルのコンサートマスターです。すこぶる美音。20世紀中頃のウィーンの空気が流れています。うっとり。そんな嵐の前の羽曳野丘陵。

72738752_1462818077189547_59443018722978

2019年10月10日 (木)

秋日和の唐招提寺を孫連れで歩いた

雲ひとつない秋空の一日、奈良の唐招提寺に行きました。近鉄電車を2つ乗り継いで1時間ほど。行楽日和ということで、平日にもかかわらずかなりの観光客が見られました。といっても、東大寺みたいに人が多くてこまるというほどではありません。ほどほどのにぎわいということで。「天平の甍」で知られる金堂(国宝)は堂々たる天平建築。みごとなものです。屋根のカーブやエンタシスの並び。エレガントさも備えているのはさすが。盧遮那仏、薬師如来、千手千眼観音(いずれも国宝)も堂々たる風格。講堂の方の持国天と増長天(ともに国宝)が出開帳で見られなかったのは残念ですが、代わりに、開山堂の鑑真和上坐像(のお身代わり)を見ることができたのは僥倖でした。いつも訪れる時間が遅いので、つい見そびれてしまうのですが、今回は間に合いました。この日は1歳7ヶ月の孫を連れていたので、じっくり拝観とはいかなかったのですが、母親(娘)と祖母(妻)がだいたい面倒見てくれるので、わりとマイペース。唐招提寺を出てからは、垂仁天皇陵あたりの田園地帯をゆっくり歩いて(一部をのぞいて稲刈りは終わっていましたが)尼ケ辻駅まで。そこから電車に乗って娘一家のマンションまで。2時間ほど孫と遊んで(いただいて)帰りは往きと逆周り(大阪鶴橋経由)で帰宅は8時前。
いま思い出したのですが。1歳7ヶ月ぐらいの男の子と親しくつきあうのは、これが初めてではないでしょうか。自分にも息子がいますが、ちょうどその頃、単身でフランスにいたので、その間の息子のことはよく知らないのでした。帰国した時に息子は1歳9ヶ月。2ヶ月半のブランクを埋めようと、あちこちに遊びに連れて行ったり、できるだけ一緒にいる時間を作ったりと、それなりに努力しました。そんなことも思い出させてくれる1歳7ヶ月の孫です。これから2ヶ月ほど、できるだけ頻繁に付き合って観察しよう、と思っています。たのしいし。
夜は「びーぐる」46号の依頼準備やメールの返信やらですぐに深夜。ワインはボルドーで音楽はザイリトンのピアノ。すっかり秋の夜長です。羽曳野の祖父詩人はご機嫌です。

71809499_1461976710607017_14070578290674

71636196_1461976740607014_46560291076272

72536358_1461976793940342_23304472018152

71756577_1461976753940346_44587982136205

73008848_1462113063926715_66022355557511

2019年10月 9日 (水)

授業3つのち依頼状準備

朝、ちょっと疲れ気味なので、ひさしぶりにタクシー出勤。昼ごはんは食堂で山菜肉蕎麦を食べてから研究室スタンバイ。1時20分から3コマの授業です。講義、演習、大学院と無事に終えて、帰宅は7時頃。もう真っ暗です。
夜はかなりのんびりしました。が、夜遅くなってから「びーぐる」46号の依頼の準備。まずは特集の依頼相手の住所録から作製します。いちおうできたので、次は依頼状の印刷と発送作業をします。これは後日。
大型の台風が接近ということで少々気になっています。この土曜日に京都でレクチャーコンサートを担当するのですが、その土曜か日曜に関西地方を台風が直撃かも、という予報が出ています。さて。気になります。最悪のパターンは嵐の中を決行して帰れなくなる、という事態です。それだけは避けたい。さて。
深夜ワインはボルドー。音楽は引き続きリリー・クラウスのモーツァルト。ようやく秋らしくなってきましたが、台風の接近が気になります。さて。とりあえずこの2,3日は晴天のようなので、今日(水曜)はひさしぶりに大和散策でも、と考えている羽曳野の祖父です。

72536527_1461033877367967_52653671087320

72315926_1461147014023320_51067320277978

2019年10月 8日 (火)

校正のちクリニックのち料理のち校了

先日からの校正作業の続きに集中していました。執筆者校正はすでに反映してあるのですが、それでも誤りが見つかります。明らかな作品名のミスなどは修正していきます。夕方近くになって終了。編集プロダクションに届けに行って(徒歩3分)その足でバス停まで。藤井寺で降りて、まず銀行の用事。それから月一回のクリニック。いつもと同じ検査で特に異常なし。いつもの薬をいただいてから近くの精肉店でいつもの牛肉とめずらしいカナダ産の松茸を購入。いつもの酒屋さんで一週間分のお酒を注文して、帰宅は6時過ぎでした。
早速いつものローストビーフと松茸お吸い物を作製。牛肉は、店じまいしかけていたところに飛び込んだので、大きめの塊をそのまま買いました。545グラム。大きさも大事ですが、形も大事で、この形の肉ならフライパンで調理できると判断しました。店主が45グラム分おまけしてくれて、500グラムの値段で買いました。その545グラムを念入りに肉の様子を見ながらていねいに焼きます。最後は弱火で蒸し焼きにして、これをアルミホイールで二重に包んでさらに布巾で包んで、余熱で30分。あわせて、松茸のお吸い物を作製。どちらも大変美味で妻に喜ばれました。今回も大成功。
夜は、「びーぐる」の第三校が届いたので、早速確認。これで大丈夫ということで、校了です。いつもより2,3日ぐらい早いでしょうか。ま、曜日の関係もあるので、だいたいこんなところです。45号の特集は「菅原克己」。短いアンケート回答を書いています。対論は『ルネ・シャール詩集』(野村喜和夫訳)。ほかに連載「谷川俊太郎全《詩集》を読む」第4回は『定義』(1975年)まで来ました。10月20日刊行予定です。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はモーツァルトのピアノ・ソナタをリリー・クラウスで。昼間からずっとこれを聞き続けています。しばらく仕事が忙しかったので、新刊詩集を読む時間がありませんでした。机上には9月刊行の新刊詩集が25冊ほど。そろそろ読み始めることにします。そんな読書の秋の羽曳野市民です。

71767141_1460195587451796_13151437637015

71496904_1460207770783911_69715487425833

Beagle45_hyoshi1

72857275_1460261664111855_74142550821888

2019年10月 7日 (月)

体験授業のち編集会議のち校正作業

このところ通っている店でこの日はカレーライス。ご飯を少なめにしてもらって、ちょうど良い量です。それから電車バスで大学まで。体験授業を担当しますが、予定より40分ほど早く到着したところ、同僚の先生に出くわしました。ちょうどAO1期合格者が集まっているので、少し話をしてほしいとのこと。学科長の授業があったのですが、わざわざ遠方から来ている生徒たちに1コマだけで帰らせるのは気の毒との配慮で、急遽数名の教員が駆り出されていたのでした。ならばということで、即興で、わずか10分ですが、詩学入門のさわりをお話して、そのまま体験授業の教室へ。こちらは書く時間を入れて90分。4時半に終了しました。
終了後はただちに大阪市内へ移動ですが、日曜とあって電車の本数が少なく、予定時間に10分ほど遅刻。高階さん細見さんが先にはじめていました。特集のことや連載担当者のことなどを相談して、あとは例によって飲み会です。翌日入院予定の高階さんも、しばらく飲めないからとのことで、いつもと同じように飲んでいました。2時間弱でおひらき。帰宅は9時前。
帰宅後はしばらく休憩してから、「びーぐる」45号の校正作業。編集部校正ですが、けっこういろいろあります。今日(月曜)は一日オフなので、この作業を仕上げるつもり。あれこれ忙しい毎日が続きます。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はクープランをピアノで。かなり古い録音で、聞いたことのないピアニストの演奏です。なかなかみやびですてき。そんな神無月の羽曳野市民です。

71596138_1459174160887272_13646679149002

72410644_1459264390878249_88948478967346

72132320_1459364097534945_75398423912351

2019年10月 6日 (日)

「対論」加筆修正のち完成のち「びーぐる」校正

休日のわりには早く起きて、早速前日の続きから仕事開始。「びーぐる」対論の加筆修正作業です。小見出しをつけながら調整して、15ページあったものをひとまず10ページほどにしました。これを相棒の細見さんに送稿。次は細見さんが7ページに短縮してくれることになっています。この作業手順がすっかり定着しました。一つ終わったので、遅めの昼食は休日クッキング。牛タン缶詰とコーンとシメジと玉ねぎで和風パスタ。最後に刻みネギをかけて完成。美味しくできて妻にも喜んでいただきました。食後はしばらくテレビで野球観戦。夕方近く、気分転換に近所を散歩。その間に、細見さんから短縮版が届きました。早速確認の上、大丈夫と判断したので、編集プロダクションに送稿。今回取り上げたのは野村喜和夫訳による『ルネ・シャール詩集』。翻訳詩集を取り上げるのは初めてです。これで45号の原稿は全部そろいました。
晩ごはんの後は、「びーぐる」の再校が届いたので、早速編集部校正。あれこれ点検します。ひとまず執筆者校正がちゃんと反映されているかどうか確認。続いて、自分の文章を再度確認。この後、再々度全体を確認します。最終チェックは月曜でいいかなと。今回も予定通りに刊行できそうです。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はキース・ジャレットのソロ・ピアノ。スローバラードばかりを収めたCDです。美音。今日は体験授業のため日曜出勤。その後、大阪梅田で「びーぐる」編集会議。いろいろあります。秋の日々。

71316585_1458296114308410_76242976274162

72388576_1458344334303588_88747181538174

72263165_1458344304303591_63523550843193

2019年10月 5日 (土)

かすうどんのち授業2つのち校了のち対論編集

前日初めて入ったお店にいろいろメニューがあったので、2日続きで入店。「かすうどん」を注文しました。「かす」とは牛ホルモンから脂分を抜いた食材で「油かす」とも。南河内地方の郷土料理、といえるのでしょうか。わりとこの界隈にはあるうどんです。まずます美味でした。続いて電車バスで大学へ。3限目の授業の20分ほど前に到着しました。演習を2つ終えて帰りに少々買い物をして帰宅は6時半。
夜は、月曜に書いた原稿をさらに確認。やはり修正箇所は(一つだけ加えましたが)特にありません。もう大丈夫と判断したので編集部へメール送稿。一つ終わりました。続いて、「対論」の文字起こしが届いたので編集作業。今回は特に厄介です。15ページほどあるのを加筆修正しながら短縮していくのですが、半分ほどまで済んで現在12ページ。ここで時間切れなので、続きは翌日。無理することはありません。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はザイリトン。すっかり定番になりました。秋の夜長によく似合います。土日の用事に始まって月曜の執筆作業、火木金の授業合間に会議2つと忙しい一週間が終わりました。ようやく週末。今日(土曜)は「対論」の編集を終えたら少しのんびりします。日曜は昼間体験授業、夜は「びーぐる」編集会議。相変わらず慌ただしい中で仕事は落ち着いて進めています。秋ですね。

71327972_1457368557734499_89149424252150

71252409_1457380921066596_83146010276806

2019年10月 4日 (金)

出雲蕎麦のち授業2つのち夜の会議

最近(といっても1年ほど前)駅前に居酒屋ができたのですが(たぶんチェーン店)どうやら昼の定食もしているようなので、初めて入店しました。注文したのは出雲蕎麦定食。ちょっとイメージと違って「釜揚げ」だそうです。まあまあ、かな。おにぎり2つは多いので1つ残しました。昼ごはんのレパートリーを増やしたいので、次はここでかすうどんを頼んでみよう。ほかに丼ものや寿司や焼きそば、それにチキンラーメン(ん?)など。電車バスで授業開始30分ほど前に到着。余裕です。授業を2つ終えて、そのまま大阪谷町まで。大阪文学学校の理事会です。議題が多岐におよんだので、いつもより遅く9時40分頃まで。帰宅は10時40分頃。疲れた。遅い晩ごはんを食べてメールの返信などをしていたらもう深夜です。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽は引き続きザイリトンのジャズ・ピアノ。すっかり定番になってきました。今日(金曜)は午後早くから授業を2つ。それでウィークエンドです。天候不順で空の様子も目まぐるしく変化する一日でした。

69870641_1456408897830465_51980309292929

71270025_1456413707829984_91955146685195

71695812_1456435851161103_91164581675747

«編集後記のち校正のち添削のち推敲(ほぼできず)