フォト
無料ブログはココログ

2018年12月11日 (火)

料理の日のちヴィヨンの妻のち原稿一つ

前日のエクスカーションの後に酒蔵が経営するレストランで昼食をとったのですが、その時に出た粕汁がとても美味だったので、そこで販売している酒粕を買って帰ったのでした。で、この日は料理の日なので、早速粕汁をしようと、食材を買い出しに。メインはこのところ定番のローストビーフ。ちょうどいい感じの牛モモブロックがあったので購入。
帰宅後は、まず粕汁の制作。ネットで調べたレシピを参考にしながら、酒粕を150グラム。4人分を作りました。酒粕、白味噌、白だし、みりん、塩、醤油、料理酒で味を整えて、具はタラ(離乳食用に買って残ったので冷凍保存しておいたもの)、大根、人参、シメジ、油揚げ、こんにゃく。何度も味見をして完成しました。続いてローストビーフ。こちらはもう慣れています。この日は530グラム。もちろん二人では食べ切れないので、一部は息子夫婦に差し入れ。残りは温存しました。帰宅した妻に喜ばれて満足。特に粕汁は初メニューなので新鮮。これも定番になりそう。
料理の合間に太宰治の「ヴィヨンの妻」を読了。これは授業の準備です。あと、締切を過ぎている通信教育部のレポート添削に気づいてあわててチェック。一つだけです。投函しました。
夜は「びーぐる」の原稿整理のち自分の短い原稿。できました。この日が締め切りだったので、まず特集関連のデータを今回担当の高階船長はじめ編集同人たちにメール送稿。できました。
今週は年内最後の授業を6つします。その後、土曜日は文学学校の詩の連続講座、日曜は大学の通信教育部のスクーリングと続きます。その間に「びーぐる」の原稿を二つ書きます。対論もそろそろ予定を立てないと。あわただしい師走です。
深夜ワインは南仏ラングドックのピノ・ノワール。音楽は、先日収録した文芸学科・音楽学科合同制作作品集をYouTubeで聴いています。音楽学科の学生が作成してくれました。便利な世の中になりましたね。本当に。21曲あるので全部は一度に聴けませんが、少しずつ。少しずつ。そんな師走の深夜です。

Ducaklhu4aaut0s


Ducgflmv4aekgx


Ductou4vaaea2av

2018年12月10日 (月)

播磨加西市一泊旅行

兵庫県加西市への一泊旅行から帰ってきました。兵庫短歌祭に参加するためでした。今回は妻のお伴で。土曜の午前9時45分に出発。近鉄地下鉄JRを乗り継いで神戸三ノ宮に10人ほどが11時半集合。大型タクシーに乗り込んで加西市に向かいました。1時間弱で到着。シンポジウムは「短歌・俳句・現代詩のあいだ」と題して、詩人の高橋睦郎さん、俳人の小川軽舟さん、歌人の山下泉さん、それにコーディネーターとして歌人の林和清さん。2時間ほどの討議はとても興味深く熱気のこもったものでした。予定通り無事終了。
終了後は懇親会。旧知の詩人たちや歌人たちや初対面の歌人たちや俳人と食事をしながら2時間ほど。お開きの後も、主催者の部屋に10人ほどが集まってあれこれお酒を飲みながらお話しました。こういう会は初めてなので新鮮でした。普段よりかなり早く就寝。
翌日は普段ないくらい早く、7時半に起きて(朝焼けを何年ぶりかで見ました)早い朝ごはん。地元の詩人、時里二郎さんの案内で、9人で加西市のエクスカーション。丸丘古墳(前方後円です)や五百羅漢石仏や法華山一乗寺を車でまわりました。一乗寺の三重塔は平安末期建立の国宝です。普通はこういう塔は下から見上げるのですが、この塔の場合は、もちろん見上げることもできるのですが、石段を登ったところにある本堂からやや見下ろす感じで見ることができます。上階部分や水煙まではっきり見えるのが特徴。おもしろいものです。奈良や京都の塔に比べて鄙びたたたずまいに味わいがあります。皆さんと別れて、北条駅から北条鉄道、JR加古川線、神戸線、環状線、近鉄と乗り継いで3時間ほどで帰宅。たのしい小旅行でした。
帰宅したら業務メールが10通ほど届いていました。返信したりファイルを整理したりしているうちに深夜です。
深夜ワインは南仏の赤。音楽はラモーの室内楽。ほっと一息しながらくつろいでいる初冬の深夜です。フレンチな夜です。

Dt7dmrevaaaflfc


Dt8edyivsaefzwv


Dt8ey_tucai9nlg

2018年12月 8日 (土)

文字起こし原稿編集の一日

自宅研修日の金曜。ずっと文字起こし原稿の編集をしていました。先日行われた関西詩人協会での小池昌代さんとの対話です。1時間程度のものですが、文字に起こすと意外に長い。いつも「びーぐる」の対論でやっていますから、慣れているはずですが、今回はちょっと状況が違うようです。まず、ページ数の制限がないので、無理に圧縮する必要がないこと。次に、小池さんが朗読した詩をデータ入力する必要があること。それに、対論の時にはいつも相棒の細見さんがいるので、共同作業で完成できること。今回も小池さんに加筆修正はしてもらうのですが、全体の編集作業はひとりでしないといけません。
そんなわけであれこれ苦労しましたが、なんとか終わりました。自分で言うのも気が引けるけど、なかなかおもしろい内容だと思います。小池さんの新詩集2冊『野笑』『赤牛と質量』それに『ときめき百人一首』をめぐる対話。いくつか新しい発見もありました。これは次の「カルテット」に収録の予定。年明け頃に刊行するつもりです。
今日(土曜)はわけあって早朝に外出する予定。わけあって一泊旅行に出かけます。場所は兵庫県。詩歌のイベントですが、わけあって今回はギャラリーの一人としての参加ですから、気楽です。ちょっと寒くなるようなので体調管理に注意が必要ですが、大丈夫。暖かくして行きます。
深夜ワインは南仏コルビエールの赤。音楽はラモーの室内楽。とてもフレンチな羽曳野の夜です。

Dtzpbx6u0aepug0


Dtzoy4iuwaaca1m


Dtz6ydbu0aiutcx

2018年12月 7日 (金)

授業二つのち図書点検のち卒業制作チェック

かなり疲れているのでしょうか。ひさしぶりに昼過ぎまで爆睡。午後おそくの授業のため、雨模様のなかバスで駅前へ。ラーメンを食べてから出勤は電車バスで。途中、アイフォンに「圏外」の表示が出るので変だなと思って設定をあれこれ。一瞬つながることもありますが、しばらく経つとまた圏外。これはアイフォンの故障かもしれない、帰りにショップに寄るしかないかな、などと思いつつ4限目の教室に行ったら、学生が数名、圏外のことを話していました。どうやら通信障害だそうです。そうか。こういう場合、ケイタイしか通信手段をもたない人は大変でしょうね。たまたま緊急事態が発生したりしたら(そういう人もいたかもしれません)大騒動になるはず。授業は普通にしました。5限目は前日の新作発表会の反省会。ひとりずつ感想を求めたのですが、おおむねみなさん満足そうでした。そうですよね。自分の言葉に音楽がついて演奏されることなど、普通は考えられにくい。みなさん良い体験をしたと思います。発表会は終わりましたが、作品に最終的な完成というのはないのですから、これ以後も作曲者との交流を深めて、さらに完成度を高めていくことを望んでいます、とお話して終了。
授業の後、図書点検の仕事があって、これが意外と時間がかかりました。帰宅は8時前。晩ごはんの後は通信教育部の卒業制作作品下書きのチェック。先程終わって、投函してきました。これでよし。
深夜ワインはイタリアの赤。音楽はコレッリの合奏協奏曲。イタリアンな選択です。かなりハードな一週間でしたが、どうやら無事に終了。今週末もイベントがありますが、大丈夫。元気です。そんな羽曳野詩民です。孫がニンジンスティック・デビューしたとの画像が届きました。かわいい。かわいい。と、カラスは鳴いています。

Dtt47npu4aecbef


Dtul7jsuwaeq_kw

2018年12月 6日 (木)

授業のち新曲発表会のち会報作成

文芸学科・音楽学科の学生たちによる新曲発表会の当日なので、いつもより早くタクシー出勤。軽く昼ごはんを食べてから音楽学科のホールに行きました。すでに午前中からリハーサル中。全部で21曲あるので、なかなか大変です。しばらく見学してから文芸学科の授業へ。この日は谷川俊太郎『メランコリーの川下り』名作ですが難解です。普段は詩集を2冊ずつ取り上げるのですが、この日は一冊だけにして早めに終了。少し余裕をもってホールに向かいました。
コンサートの開始にあたって少しだけご挨拶と説明。その後、すぐに演奏が始まりました。明るいポップ調の歌、クラシックの歌曲風(テノールがマイクなしで歌う)、アイドルソング風、フォーク調、本格的なロック・バンドもあり(こちらは演奏学科ポピュラー音楽コースの学生たちのようです)と、実にバラエティに富んだ21曲でした。予定を少し越えて100分ほどで終了。みなさん、お疲れ様でした。短期間でよく作品を仕上げて演奏までもっていったものです。若さのエネルギーですね。この試みは来年以降も続けたいと思います。反省会は翌日の授業時間にするので、この日はそのまま帰宅。
夜は関西詩人協会の会報の作成をしました。運営委員のみなさんから届いている原稿を整理編集する作業です。A4判3段組み6ページですから、けっこう分量があります。とりあえずゆったりめに編集して、遅れて届くかもしれない原稿を待つことにします。今の段階の作業は終了。
深夜ワインはラングドックの赤。音楽は久々のビル・エヴァンス。くつろぎの初冬の深夜です。孫がハイハイの状態から自分で座れるようになりました。赤子の成長ってすごいですね。ついこの間までハイハイもうまく出来なかったのに。横浜の娘から届く赤子の写真が毎日のたのしみ。そんな羽曳野の祖父は順調です。
「びーぐる」41号に掲載した安藤元雄『『悪の華』を読む』への書評をHPにアップしました。こちらです。
Dtn_soruwaayve7


Dto5kfvvsaagbps


Dtpeirxvaaef7v6

2018年12月 5日 (水)

授業三つのち対訳完成

火曜授業はタクシー出勤で余裕。スタミナ蕎麦を食べてから研究室スタンバイ。児童文学は「銀河鉄道の夜」に入りました。ほか二つも無事に終えて帰宅は7時頃。毎週のことですが、一日3コマは疲れます。270分ですから。
晩ごはんの後は、フランス歌曲の対訳の続き。今回のミッションはラヴェルとイベールのそれぞれドン・キホーテをテーマにした作品計11篇です。すべて初訳。前日までにほぼ完成していたのですが、さらに推敲を遂行。夜中近く、もう大丈夫と判断して担当者に送付しました。期日は7日ですが、次のミッションもひかえているので、このあたりで。
今日(水曜)は3限の授業の後、新曲演奏会があります。文芸学科の学生約20名が作詞して、音楽学科の学生約20名が作曲した新作20曲の発表会です。題して「創るよろこび」。歌と伴奏はそれぞれ音楽学科と演奏学科の学生たちが担当。こういうコラボレーションは芸大ならでは。私ももう33年勤めていますが、初体験です。そもそも「現代作詞演習」という講座は新カリキュラムで今年が初めての開講ですから。
孫と娘(と婿)が去って静かな夜です。仕事に集中できることは良いこと。でも少し寂しい。そんな羽曳野の祖父です。深夜ワインは南仏ラングドックの赤。音楽はグリュミオーのヴァイオリン名曲集。季節外れの暖かさですが、さて、いつまで続くのか。小春日和どころか大春日和です。

Dtjnqh4vaaalmba


Dtkamjpu4amlbvr


Dtkuzpfu4aasvom

2018年12月 4日 (火)

別れのち翻訳のち内科医院のち調理のち江國香織

小雨模様の中、娘と孫が横浜の自宅に帰るので、駐車場まで孫を抱っこして送りました。重い。来た時より500グラムぐらい増えたのではないでしょうか。息子の車のチャイルドシートに乗せて、これでお別れです。ちょうど一週間の滞在でした。次に会えるのは1月かな。
家の中が寂しくなりましたが、静寂と孤独は必要ともいえるので、気を取り直して仕事。仕事。先日からのフランス歌曲翻訳の続きです。今回はラヴェルとイベールのドン・キホーテを主題にした歌曲を計11曲。すべて初訳です。夕方、一旦中断してかかりつけの内科医院へ。バスで藤井寺まで。今回は血液検査の結果報告もあったのですが、ほぼ従来通り。大丈夫です。少し酒をひかえるようにとの注意は受けましたが。帰りにいきつけの精肉店で牛フィレ肉を買ってから帰宅。この日は、多忙な妻に代わって料理係。昼は簡単にかまあげうどんにしたので、夜は少し栄養価の高いもの、というわけでステーキ・ディナーです。いつもは各100グラムぐらいにするのですが、この日は店頭に130グラムほどのものしかなくて、多いかなと想いつつ二つ買いました。きのこソース添え。あとはインスタントのコーンポタージュとカット野菜のサラダとロールパン。ふたりとも完食しました。美味。ワインも少々。
夜は翻訳の続き。ほぼできました。もう少し推敲してから送付します。時間がまだ早かったので、江國香織の短編「ぬるい眠り」を読了。これは授業の準備です。
深夜ワインは南仏の赤。音楽はひさしぶりにスカルラッティのチェンバロ曲。隣室にだれもいないので気兼ねなく。そんな静かな静かな初冬の羽曳野丘陵です。

Dtdjb5kucaauylc


Dtf6rt3uwaatvwsjpg_large

2018年12月 3日 (月)

孫との休日のち翻訳ばりばり

早朝に娘一家が横浜に帰る予定でしたが、わけあって娘と孫はもう一日滞在することになりました。祖父としてはうれしいことです。昼間、テレビでマラソンやアメリカンフットボールを横目でちらちら見ながら孫の相手。この一週間でめざましく成長したような気がするのは祖父の欲目でしょうか。いろいろな声を発するようになり、動きも活発になってきました。表情もころころ変わります。どれもかわいい。
午後おそく、娘と妻と3人でベビーカーを代わる代わる押しながら近所を散歩。大阪府立大羽曳野キャンパスのイチョウ並木はほとんど落葉していましたが、黄金の落葉の絨毯はみごとなもの。池のカモたちも元気そうです。ほんの1時間弱ですが、良い散歩になりました。ケーキを買って帰宅。
帰宅後はコーヒーとケーキをいただいてから、そろそろ気になってきたフランス歌曲の翻訳。今回は未訳のものが10曲ほどあります。まずはフランス語のデータ入力から。楽譜しかないものもかなりあって、けっこう入力に時間がかかりました。晩ごはんの後、早めに仕事にかかって、ひとまず半分ほどを翻訳。まだ推敲が必要ですが、ひとまず全作品を訳してしまわないと落ち着かないので、この続きは翌日にします。
仕事をしている間に孫も娘も眠ったようです。隣の部屋は静寂そのもの。そのうち赤ちゃんが泣き出すかもしれませんが、今のところ静かな様子です。
深夜ワインはスペインの赤。音楽はありません。これで一週間。おだやかな師走始めの羽曳野丘陵です。

Dtyandvyaawlua


Dtzrg5nucaaspzw


Dtzrngzuwaexfuh

2018年12月 2日 (日)

編集業務のち取材のち家族7人のち翻訳準備

「びーぐる」の投稿欄を締め切ったので、早速投稿作品の整理をしました。まずはメール送付分のみ。相方の中島さんにメール送付。一つ終わりました。
続いて、卒業制作作品の下書きのチェック。通信教育部の二つだけですが、うち一つがかなり長いので、読むだけでもけっこう大変です。なんとか終わってメール送付。二つ終わりました。
夕方5時に大阪阿部野橋で待ち合わせがあるので、タクシーと電車を使って到着。某新聞社東京本社からわざわざ記者さんが来られて、1時間ほどのインタビュー。数年前に亡くなったある詩人についての取材です。あらかじめ用意しておいた資料を前にして、あれこれ。ちょうと1時間で終了して直ちに帰宅。
晩ごはんは家族7人(赤子を含む)がそろって鍋パーティー。この日はブリしゃぶにしました。箸休めは作りおきのローストビーフ。みなさんよく食べてくれて満足。離乳食を食べたばかりの孫もよく付き合ってくれました。機嫌のいい子です。これがひとまずお別れパーティー。翌日早朝に娘一家は横浜に帰ります。孫ともしばらく会えません。この日は晩ごはんの前に少しだけ遊んでいただきました。かわいい。この一週間ほどでかなり成長したような気がします。
夜遅く、次のミッションにかかりました。フランス歌曲の翻訳準備。今回はラヴェルとイベールのそれぞれドン・キホーテを主題にした歌曲集です。ちょっと厄介な難所もありそうですが、大丈夫、慣れています。もう30年近くやっていますから。準備段階で時間切れ。続きは後日にします。
深夜ワインはスペインの赤。今夜も音楽はありません。赤子さんは隣の部屋ですやすや眠っています。静かな静かな師走の深夜です。

Dttsn1qvyaaeixs

Dtvc7jduwamlr19

2018年12月 1日 (土)

孫との休日のち一家6人集合

一日オフなので、孫との時間をできるだけ取るようにしました。歌ったり。踊ったり。話をしたり(一方的ですけど)。キャッチボールをしたり(転がすだけですけど)。買い物したり。買い物は、娘(孫の母)と一緒に、ベビーカーに孫をのせて。これは初体験。ベビーカーを押しながら道を歩いていると、30年以上前の感覚(記憶ではなく)が蘇ってきて、ふと、乗っているのが息子だったり娘だったりと感じて(あくまで感覚です)不思議な気がしました。隣を歩いているのが娘なので、たしかに孫を乗せているのですが、それでも(あくまで感覚です)。いつものスーパーで鍋物用の食材を買って、あたりを散歩しながらゆっくり帰宅。
生後9ヶ月の孫は、3日前にはクリアできなかった、部屋と廊下の間の段差をハイハイで越えるようになりました。成長の速さに目を見張るばかりです。ハイハイの速度もずいぶんアップしたし。これからが動き回って大変でしょうね。ボールを投げるようになったし(どうやらサウスポーです)。
夜おそく、娘の夫(孫の父)が来宅しました。孫は最初、だれかな、といった表情で見ていましたが(5日ぶりなので)やがてほほえむようになって、父も一安心。どうやら赤子さんの記憶は3日ぐらいしかもたないような気がします。あくまで個人的感想です。
孫を寝かせてから、近所に住む息子夫婦もやってきて、遅いティーパーティーをしました。家族6人がそろったのは夏以来です。みんなで翌日の予定などを相談したりして、たのしい一夜でした。
深夜ワインはスペインの赤。さきほど、どうやら赤子さんが目を覚ましたようです。母親(私の娘です)が寝かしつけている模様。なので音楽は今夜もありません。今日(土曜)はちょっとした用事で夕方大阪市内まで出かけます。その前にちょっとした調べ物が必要なので、今から少しだけ読書してから眠るつもり。とうとう師走に入った羽曳野の祖父は元気です。

Dto7ii_u4aaffik

Dto9hh4uuaacnm0


Dtpunkkucaegiea

«ガイダンスのちミニコンサートのち書類作成のち授業二つ