フォト
無料ブログはココログ

2019年2月21日 (木)

午前中業務のち論考完成のち詩集校了

午前中に業務があって通勤。毎年恒例の研究費決算報告です。今年もぴったり計算が合って早々に終了。その足で通信教育部に出向いて成績表を提出。11時45分のバスで大学を出ました。
この日は銀行に用事があって藤井寺まで。銀行を2件まわって終了。昼はラーメンを食べて、酒屋さんでワインと清酒を注文して、コーヒーを飲んでから帰宅は2時半でした。早速、この数日前からかかっている文章の推敲。夕方になって、もう大丈夫と判断したのでメール送稿。今回は「ボードレールとフランス・モダニズム芸術」。さて、この後に3人の芸術家の名前がくるのですが、それは誰と誰と誰でしょう(クイズです)。
晩ごはんは前日の牡蠣の残りをバター焼きにして、ローストビーフ・サラダと粕汁。美味でした。夜は、第6詩集の再校が届いたので早速チェック。これも大丈夫。校了としました。ただし、今回は見本というか私家版というか、数部を先につくるので、本格的な印刷製本はその後になります。第5詩集もその間に校了するので、ほぼ同時に刊行となりそうです。この場合、どちらが第5かといえば、やはり先に始めた方ですね。
さて、「QUARTETTE」第6号に掲載した「孫の手詩篇」をHPにアップしました。こちらです。
たった今、第6詩集の表紙装幀が届きました。これでOKです。第5詩集の表紙ラフはまだ届きませんが。
深夜ワインはフランスのピノ・ノワール。音楽はクープランのピアノです。おだやかな羽曳野丘陵の夜です。写真はひとけのないキャンパス風景。こういうのもいいものです。

Dz0guhvu0aarqrw


Dz01lawuyaawwrc

2019年2月20日 (水)

推敲を遂行/詩作とあとがき

昼間は前日書き上げた文章の遂行を推敲(あ、逆だ)。夕方、雨の中を散歩を兼ねた買い物。帰った頃に雨が上がって、夕空がきれいでした。
夜は家族4人で牡蠣豚鍋にしました。美味。箸休めはこのところ定番のローストビーフ。4日寝かせたものと新しく作ったものを並べて食べ比べ。どちらも美味。最後は久しぶりにきしめんでシメ。
夜になって推敲をほぼ終了。そろそろ送稿しようと思うのですが、もう少し待つことにしました。続いて、第6詩集の「あとがき」をさくさく。これは先程編集プロダクションに送稿。さらに、追加の詩を一つ書きました。これで終了です。もう少し推敲してから送稿します。
今日(水曜)は午前中に用事があって出勤します。すぐに終わる用事です。深夜ワインはフランスのジョゼフ・ロッシュ。音楽はこのところ定番のクープラン。ピアノ版が心に沁みます。孫はあと10日ほどで1歳を迎えます。すくすく成長していて、うれしいかぎりの羽曳野の祖父です。祖父にとっては短い1年ですが、赤ちゃんにとっては長い1年だったでしょうね。

Dzvdi5u8aisw7j


Dzwgcryuyaeinlq


Dzwhdjucaen7mo

2019年2月19日 (火)

研究室から道明寺へ、梅見から原稿へ

午後ややおそく研究室へ。通信教育部スクーリングの採点だけしてバス電車で道明寺へ。天満宮に行くつもりだったのですが、ここのお寺の御本尊十一面観音菩薩立像が毎月18日だけ御開帳であることを思い出して、先にそちらへ。これで3回めぐらいでしょうか。人も少なかったので、じっくり拝見しました。平安時代初期の頃の作で、実に優美な曲線が印象的です。白鳳期とはかなり違います。すっかり日本化した和風の仏です。平安仏師の傑作の一つですね。
隣の道明寺天満宮には4時半頃に到着。今年2回めの梅見です。梅は種類が多くて開花期もそれぞれ異なるので、桜のように一斉に満開とはいかないのですが、全体としては、前回が三分咲き、今回が五分咲きといったところでしょうか。帰り道ではいつものかまぼこ屋さんで練り物を買いました。鍋用です。おまけに梅園の無料券をいただきました。もちろんまた来ます。藤井寺の銀行に立ち寄って帰宅は5時半頃でした。
あとは晩ごはんをはさんで、前日の論考に集中。最初68ページあった文章を8ページに凝縮する作業です。もちろん、単純に凝縮はできません。かなりの部分をばっさり削除して、文章を練り直して、全体のバランスを考えながら再構築。深夜になって、できました。2段組でちょうど8ページ。ほぼ10000字です。原稿用紙換算なら25枚。締切までまだ数日あるので、しばらく推敲してから送付します。ともあれおちつきました。
第5詩集の最終校正を待っているところですが、第6詩集の校正データが編集プロダクションから届きました。どうやら直しはあまりなさそうです。でも、あと1篇書きたいので、もう少し考えます。それに「あとがき」ですね。これはすぐに書けそう。どうやら詩集2冊同時刊行が現実味を帯びてきました。初体験です。うれしい。
深夜ワインはスペインはアリカンテの赤。音楽はビル・エヴァンス。かなり春めいてきた陽気の如月羽曳野祖父詩人です。孫はあと12日で1歳になります。

Dzq_qvhuuaaubjx


Dzrdtgiu0aaz3h


52097236_1286839524787404_751570927

2019年2月18日 (月)

執筆開始

今月25日締切の原稿にとりかかりました。今回は、過去の著作3冊の中から、テーマに即した部分を選び、一旦解体してから1篇の評論に再構築する作業です。まず、過去の学術論文3点をコピー&ペーストしたら、2段組68ページになりました。これを8ページまで圧縮します。もちろん、普通に圧縮してもこの長さにはできないので、必要最小限の内容に絞って、当然文章も改訂していきます。元になるものが学術論文なので、様々な実証や論理を駆使しているのですが、これをいわば「説明抜きで」わかりやすく平明な文章に変えていきます。実証を求める方は元の本を読んでくださいね、という態度です。いわば換骨奪胎。現在のところ、18ページまで凝縮しました。まだまだ長すぎますね。さて。
というところで、この日は時間切れです。足し算ではなく引き算による文章作成というのは自分でもあまり経験がありません。新鮮な苦労をしています。これもまたよし。
写真2枚は、運動不足解消のため夕方散歩に出たときのもの。近所の池と白鳥陵です。もう一枚はもちろん孫写真。
深夜ワインは南仏ペイドックの赤。音楽はクープランの室内楽。昼が長くなって日差しが春めいてきました。春よこい、春よこい、という感じです。そんな如月深夜の羽曳野祖父詩人。

Dzmngrsu0aasrdy


Dzmnqh4vaaav0lf


Dzmn_ftvaaawrm1

2019年2月17日 (日)

入学前教育のち校正作業のち詩作

午前中にタクシー出勤。まず図書館の用事をすませてから昼食はスタミナ蕎麦。午後1時から、AO合格者入学前教育です。担当者5名がご挨拶をしてから各教室に分かれて課題の中間報告会。1時間ほどで終了して、再度全員集合。5名の教員が少しずつガイダンスをしました。あとは卒展を見てから帰ってね、と告げて解散。買い物をして帰宅は4時半頃。
晩ごはんは牡蠣の酒蒸しとローストビーフと粕汁。後者二つは作り置きの分なので簡単です。やや遅く帰宅した妻と美味しくいただきました。
夜は第5詩集の再校ゲラのチェック。もう大丈夫と判断して玄関前のポストに投函。これで終わりました。まだ時間が早いので、新作を一つ。これは第6詩集に入れます。全部で20篇になりました。あと一つか二つ書き足して完成にするつもり。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はクープランの鍵盤作品をピアノで聞いています。とてもフレンチな深夜です。写真は二上山と信貴山、それに先日の孫の手です。絵本を自分でめくる指使いがとてもかわいい。祖父バカです。祖父愛ともいいます。

Dzf4cnevsaaxxtb

Dzgrowavsaiiqvl


53018009_1285462271591796_374656649

2019年2月16日 (土)

研究報告書のち再校ゲラ

旅行の疲れもあまりなく午前中に起床。昼間は、提出日が近づいた研究報告書を作成していました。ほぼできているのですが、最後はやはり会計報告。毎年のことで慣れていますが、それなりに計算に時間がかかります。それでも2時間ほどで終了。これで大丈夫。
夕方に散歩がてら近所のスーパーまで買い物に。ちょうどローストビーフにぴったりのラムシンのブロックがありました。400グラムほどのものが一つだけ。こういうのを見ると開拓、じゃなくて買いたくなります。ちょうど良い形状ですから。ほかに、粕汁用に大根、油揚げなどを買って帰宅。もちろん、晩ごはんはローストビーフと粕汁です。最近の定番。妻は大変よろこんでくださいました。
夜は第5詩集の再校ゲラのチェック。校了間近ですが、若干の訂正が見つかりました。一通り終えましたが、あわてる必要はありません。次の第6詩集の校正ゲラはまだなので、もう少し手元に置いておきます。
深夜ワインはフランスのジョルジュ・ロッシュ。メルローです。音楽はビル・エヴァンス。こちらもやはり定番。今日(土曜)は図書館の用事とAO関連の仕事があるので午前中に出勤します。
写真は先日訪れた三浦海岸。もう一つは今日の孫の手です。

Dzccn03v4auxtrq


Dzcwshuu8aasfyw

2019年2月15日 (金)

ゆったりあたふた一泊旅行

保養と仕事を兼ねた一泊旅行から無事に帰宅しました。三浦半島の温泉旅館に、娘と孫を誘って4人で一泊。孫との初めての旅行です。駅の改札で顔を合わせた途端に泣かれましたが(想定内)だんだん打ち解けてきて、旅館ではかなり遊んでいただきました。翌日が早いので、夕方一人で近辺を散策。夕日が絶景でした。晩ごはんは孫も一緒に(まだ離乳食だけですが)。孫を寝かしつけてから大人3人であれこれ近況などを歓談。翌日に備えて早めに就寝しました。
翌日は、早朝に一人旅館を出て(妻と娘と孫はしばらくゆったりしてから近辺で遊んだそうです)東京本郷まで。東大文学部のA教授の研究室に20人ほどが集まって、中国の詩人、閻志さんの詩集『少年の詩』(竹内新訳、思潮社)の批評会でした。出たばかりの新詩集ですが、それぞれ活発な意見が出て無事に終了。その後、近くのレストランでランチ会食。
旧知の詩人たちや初対面の方たちとの歓談も楽しかったのですが、終了後はすぐにタクシー電車で横浜の娘の住居に移動。前日のすりこみのおかげで、孫は笑顔で迎えてくれました(うれしい祖父です)。しばらく遊んでいただいて、早めの晩ごはんを食してから帰途に。私鉄地下鉄新幹線地下鉄私鉄を乗り継いで、11時半に帰宅。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はビル・エヴァンスの定番です。温泉、仕事、孫と、ゆったりあたふた一泊旅行でした。赤子さんがかわいい。海に向かう後ろ姿が天使的にかわいい。きみはどこから来たんだ。

Dzstducuwaexead


Dzus0xgu8aaeete


Dzwdaowu8aazdgj

2019年2月13日 (水)

詩集編纂

このところ大した無理はしていないのに、もしかしたら1年分の疲れが出ているのでしょうか。二度寝して起きたらすでに昼過ぎ。遅い朝食(ヨーグルトと紅茶)と遅い昼食(味噌煮込みうどん)を食べたらもう3時前です。これはいけない。
とはいえ、喫緊の仕事があるわけでもないので、しばらくぼんやり。夜になって詩集の編纂にかかりました。ほぼできていたのですが、確認の上、データを編集プロダクションへ。現在、第5詩集の再校ゲラを待っているところですが、これに第6詩集が追いつきそうです。まだ1,2篇を加えるつもりですが、全体の試作品をひとまず。限定5部で月末までに作って、その後、1か月ほどで刊行の予定。すると、第5と第6詩集が同時に出ることになります。快挙かな。暴挙かな。ただの物好きかもしれません。それでいいのですが。
深夜ワインは、これからボルドーのちょっと良いものをあけます。とっておき。音楽はビル・エヴァンス。今日(水曜)は一泊二日の関東旅行。横浜と東京。最近はこのパターンが多くなりました。もちろん孫(もうすぐ一歳)に会ってきます。たのしみ。

Dzmoknuyaaibvk


Dzndlhquwaejjtg

2019年2月12日 (火)

オープンキャンパスのち詩集編集

オープンキャンパスのためタクシーで午前中に出勤。卒業制作展のさなかでもありますが、今年から卒展委員を降りたので、特にこちらの仕事はありません。おもに入試相談でブースにはりついていました。あいにくの悪天候で人出は今ひとつです。前日は多かったそうですが。時間通りに終わってバス電車バスで帰宅。駅前で買い物を少々。祝日とあって、バスも電車も本数が少なく、いつも以上に時間がかかりました。
夜は、詩集のデータ編集をしていました。第5詩集の再校ゲラを待っているところですが、その次の第6詩集です。こちらは小さくまとめた写真詩集。作品はいずれも短めの20篇ほど。まだ少し増えるかもしれませんが。2冊の詩集を同時刊行というのは前例がありません。ここにきて急に浮上した考えです。たぶんどちらも4月初旬頃に刊行できそうです。
深夜ワインはシチリアの赤。音楽はビル・エヴァンス。孫の写真が届きましたが、顔のアップ写真なので、ここには載せません。そんな如月深夜の祖父詩人です。写真は卒展のポスターですが、右側の子がなんとなく孫に似ています。
Dzghtdu0aaizf_
Dzg4j_av4aidod3

2019年2月11日 (月)

シラバスのち寄せ鍋のち詩集編集

業務復帰の最初は次年度に向けての授業シラバス。ウェブで入力します。全部で10科目(ただし半期の講座を含む)あるので、なかなか大変です。通年で30コマ、半期で15コマを隈なく埋めないといけません。もちろん教科書や授業概要や評価基準なども。夕方までかかって終了しました。これでよし。
晩ごはんは息子夫婦と4人で寄せ鍋。牡蠣、鮭、鱈、それにイワシのつみれを投入。箸休めはもちろんローストビーフ。妻が一仕事終わったところなので、みんなで日本酒で乾杯しました。あれこれ歓談しながらいつの間にか満腹。ちょうどいいので、息子に次の詩集の相談をしました。まずは私家版で5冊だけ作って、しばらくしてから増補版で刊行という予定。だいたい相談がまとまったので、夜遅くなってから試作の編集にかかりました。これまでになかった体験です。いくつになっても初体験は楽しい。創るよろこび、です。
深夜ワインはシチリアの赤。カベルネソーヴィニヨンです。まあまあ、かな。音楽はビル・エバンス。安定の美音がうれしい。孫の写真が届かなくてさびしい祖父です。

Dzbfmt9v4aepooj


Dzchcpkvaaclyti

«写真詩の連作