フォト
無料ブログはココログ

授業3つのち読書少し、そっと6連勝

火曜授業も残り3回。この日のフランス文学は、アラゴン、ヴィルモランそれにシュペルヴィエル。次回はラフォルグ、ジャム、そしてベルギー象徴派の3人を取り上げる予定。最後はユゴーで締めでしょうか。3年ゼミは町田康の最新短編。大学院はドビュッシーのボードレール歌曲でした。帰宅は7時過ぎ。
晩ごはんを食べながら野球観戦。最後はあっけない幕切れでしたが、とにかくドラゴンズ6連勝。7日の日曜日にナゴヤドームに観戦に行ってから、オールスター戦をはさんでの6連勝です。この夏の間にまた行こうかな。一気に同率3位まで来ました。がんばれ。
野球観戦後は授業の準備をしてから読書を少々。わけあって菅原克己詩集を読んでいます。まだ少しだけですが。単行本の校正ゲラはまだ手をつけていません。こちらは月末締切。少しは遅れても良いようなので、慌てる必要はありません。
今日(水曜)は授業一つだけで、次の木曜はなぜか「月曜授業日」なので、少し楽です。その分、8月1日(木)まで授業があるのですが。ともあれ、今はこの休日はありがたい。すべき用事がたくさんあります。
深夜ワインはスペインの赤。音楽はひさしぶりにビル・エバンスとジム・ホールのデュオ。やはり名盤です。そんな梅雨の深夜です。

66707224_1393910474080308_45230295654963

67403632_1394104060727616_79424777468258

2019年7月16日 (火)

小野十三郎賞第一次選考のち推敲

第21回小野十三郎賞第一次選考会がありました。昼ごはんを家で食べてから(あなごとじ丼)出発。午後3時開始です。予備選考委員5名が集まって、まずは半分弱を選出する作業。全員慣れていますから、あまり苦労はしませんが、それでも慎重を期す作業です。個人的には、応募詩集のうち7割か8割ぐらいは既読なので、自分の担当分をわりと早く終了。空き時間は詩論書の方を読んでいました。こちらの選考はまだ先です。
終了後は、近くのうどん屋さんで懇親会。ビールと日本酒を少々いただいて、おでんや合鴨などをいただいて、シメは天ざるうどん。美味でした。帰宅は9時半頃。
しばらく休憩の後、前日書き終えた書評原稿の推敲を遂行。最後にタイトルを変更して、もう大丈夫と判断したので編集部へメール送稿。終わりました。どうやらこれで喫緊の締切はなさそう、たぶん。単行本一冊分の校正はありますが。念の為確認します。あ、提出書類が少しありました。これは後日。
さて。今週は木曜がなぜか「月曜授業日」なので、週3日で6コマの授業です。少し楽。でも、日曜は用があって外出するので、ウィークエンドはあまり休めません。その次の週は怒涛の6連戦が待っています。体調を整えつつ乗り切ります。
深夜ワインはスペインの赤。音楽はボサノバ。今夜は写真がありません。ちょっと寂しい夜です。夏休みまであと2週間とちょっと。がんばります。

2019年7月15日 (月)

体調不良で欠勤のち回復そして書評

朝、どうも体が重くて怠い感じで目が覚めました。この日はオープンキャンパスですが、特に重要な役割はなく(おもに待機)無理をしても先が続かないので、研究室に電話して休むことにしました。何年ぶりかの欠勤です。授業を休むよりはましかなと。午後、しばらく休養しているうちに次第に体が楽になってきたので、夕方から活動開始。書評のために読んできた本を読了しました。かなり手強い評論書ですが、書き始めたらなんとかなるものです。途中まで書いたところで晩ごはんの時間。
夜も続けて執筆。どうやらまとまって、いちおう書き終えることができました。2000字ほどの書評です。締切まではまだ3日あるので、少し寝かせておくことにします。推敲ののち締切日にメール送稿の予定。
今日(月曜)は大阪市内で大事な集まりがあります。こちらは責任重大なので休めません。午後おそい時間に集合なので、まず大丈夫。毎年恒例の用事です。
深夜ワインはフランスの「生きている大地」を冷やして飲んでいます。音楽はバッハのリュート曲。どうもこの時期は週末2日間休まないと疲れが取れない感じです。土曜や日曜に仕事が入るとつらい。ま、ほぼ回復しました。大丈夫です。雨が降りしきる深夜の羽曳野丘陵より。

66632451_1392536137551075_49700321952478

2019年7月14日 (日)

オフの一日に料理を少しと読書を少し

この時期に希少なオフの日でした。日曜月曜と仕事があって、次の火曜からは日曜まで休みなし。というわけで、一日オフと決めて自宅にこもっていました。次の単行本の校正ゲラが届きましたが、ざっと確認しただけでこの日はスルー。月末までに戻してほしいとのことなので、時間を見つけて少しずつします。ずいぶん書き込みの多いゲラで、編集者さんの熱心な仕事ぶりがうかがわれ、ありがたいことです。中には余計な指示もあるのですが、それはそれとしてこちらで判断すればいいことですから、まずは感謝。
夕方、気分転換に料理を少し。晩ごはんのローストビーフは前日に作っておいたので、この日は定番の粕汁。冷蔵庫のありあわせの食材でさくさく。鶏もも肉を解凍して、人参、大根、油揚げ、蒟蒻、白味噌、田舎味噌、酒粕、あとは白だしと醤油を少々。これだけ煮込めば完成です。途中で何度か味見をするので失敗はありません。美味。帰宅した妻にも喜ばれました。
夜はプロ野球オールスター戦を見てから読書を少々。書評のための読書ですが、そろそろ読了間近です。原稿は1600字から2000字程度。慣れています。大丈夫。ただ、少々手強い一冊ではあるのですが。
深夜ワインはフランスの赤。音楽はボサノバ。今日は日曜ですが、オープンキャンパスのため出勤。普段より少し早い時間なので早めに寝酒を始めています。そんな梅雨の羽曳野丘陵。今日は写真はありません。ちょっと寂しい。

2019年7月13日 (土)

授業2つのち通院のち調理のち読書

金曜授業2つ無事に終えて、これで今週も8コマ完了。谷川俊太郎全詩集講読は『わらべうた』まで進みました。1980年代。残り2回です。
授業の後は藤井寺へ移動してかかりつけの医院に。いつもの検査のほかに採血と動脈硬化の検査をしました。血管の硬さは標準並みかむしろ5歳ぐらい若い感じ。よかった。父親が脳卒中、兄が心筋梗塞で亡くなっているので、この検査は気になるところです。とにかくよかった。帰りにいきつけの精肉店で牛肉ラムシンの塊430グラムと静岡産の生わさびを買って帰宅。
帰宅後は直ちにローストビーフの作成(元気です)。ものの10分ほどで、あとは余熱で20分。簡単なものです。少しだけ美味しくいただきました。わさびと醤油で食べるのが一番。あとは冷蔵庫で寝かしておきます。一週間ぐらいは大丈夫ですが、経験則では3日めが一番美味。
晩ごはんの後はプロ野球オールスター戦を見てから読書読書。ちょっと気になるところがあって調べ物などをしていたらもう深夜です。ともあれ無事に週末までこぎつけました。土曜日はオフですが、日曜と月曜はそれぞれ仕事があります。多忙な週末。
深夜ワインはスペインの赤。音楽はボサノバ。まずまず元気な羽曳野詩人です。

65977217_1390993747705314_48652683307615

66443792_1390993774371978_80672769723229

66655896_1391172024354153_20075285523621

66366315_1391084271029595_65935187907748

2019年7月12日 (金)

授業2つのち読書読書

昼ごはんは家で冷やし中華を食べて、バス電車バスで大学へ。この日は連絡が悪く、10分前に到着。それでも授業開始は定刻通り。6時過ぎに終わって帰宅は7時過ぎ。これで週8コマのうち6コマを終了しました。あと2つ。
「びーぐる」を校了して他の校正も終えて、朗読会の準備も終えて、次の単行本の校正ゲラは金曜に到着予定。ということで、ぽっかり空いたエアポケットのような夜でしたが、次の書評のための読書をしないといけません。途中までは読んだのですが、このところ毎晩喫緊の仕事(と楽しいイベント)に追われていたので、しばらく中断していました。評論書です。読む読む読む。だいたい半分ぐらいまで読んだところで時間切れ。締切まであと一週間。大丈夫です、たぶん。あれこれ用事がありますが、時間配分と体力配分を間違わなければ、大丈夫のはず。
深夜ワインはフランスの赤。音楽はフランス・ルネッサンス期のリュート曲。素朴ながら優雅な空気がただよっています。そんな梅雨の羽曳野丘陵。

66323687_1390325431105479_65415847420163

67117749_1390394921098530_19944605731981

66306855_1390246974446658_12506714426855

2019年7月11日 (木)

校了のち校正のち授業一つのち添削のち朗読会準備

わりと朝早く起きたので、昼食の前に「びーぐる」44号の校正ゲラの最終チェックをしました。もう大丈夫と判断したので校了。昼はサンドイッチを食べてから、まだ時間があったので、5000字ほどのエッセイの校正をしました。大学の冊子に載せる「フランス歌曲と詩人たち」という文章です。修正はほぼないので、その旨をメール連絡。
午後1時50分に家を出て、バス電車バスで大学到着は2時半頃。授業は3時からです。この日はおもに「荒地」派と戦後詩について。フルタイムで終了。帰りにコーヒー豆を買って帰宅は6時頃でした。
晩ごはんの後は、学生作文の添削作業。今回は9人分と少なめでした。1時間ほどで終了。まだ時間があったので、21日に大阪で行われる朗読会用の作品を選定。ゲストとして招かれているので、朗読とお話を1時間ほどします。その自作朗読用のテキストです。慣れないことなので、少々戸惑い気味。だいたい決めましたが、まだ入れ替えが必要かも。
深夜ワインはフランスの赤。音楽はボサノバ。このところ定番です。「びーぐる」44号の目次を公開します。かなり元気な羽曳野詩人です。

66626817_1389610437843645_16191159895620

66652830_1389777207826968_16989094897149

Beagle44_mokuji

2019年7月10日 (水)

授業3つのち校正校正

火曜日はタクシー出勤がこのところ恒例。午後の授業は、ブルトンとポンジュ、村上春樹、ボードレールとドビュッシーの並びでした。いずれもほぼフルタイム。かなり体調は上向いてきたようです。帰宅は7時頃。
晩ごはんの後は「びーぐる」44号の校正の続き。第4校まで来ました。この段階で誤字を4箇所発見。あるものです。これで大丈夫と思いますが、念の為もう1日最終確認に当てるつもりです。10日深夜入稿で大丈夫。刊行は7月20日です。
この日は、次の単行本の校正ゲラの連絡と、次のエッセイの校正ゲラがそれぞれ届きました。いずれも近日中の仕事。ほかに、書評の締切がこの18日に迫っています。その頃に、日曜出勤、月曜祝日会議があり、気がぬけません。あれこれ多忙になってきました。
深夜ワインはフランスの赤。音楽はソコロフのピアノ。ハイドンのソナタを聞いています。それなりに閑雅な文月深夜です。

66176958_1388787664592589_66351516911864

Beagle44_hyoshi1

2019年7月 9日 (火)

エアコン故障/出前クッキング/校正作業

エアコンが故障して(室外機のトラブル)新しいものに買い換えようかと、藤井寺の電器量販店に行きました。店員さんにわけを話すと、保証期間内では、との返事。もう8年使っているし、新型を買ってもいいかなと思っていたのですが、親切にも会員カードで調べてくれました。その結果、10年間保証の契約をしていたことが判明。ならば、修理した方がお得ですよと勧められて早速手続き。親切な店員さんです。店を出て近くのらーめん店で昼ごはんを食べている間に早速メーカーから電話があり、翌日にでも修理に来てくれるとのこと。みなさん親切でうれしい。続いて、藤井寺市内の精肉店でラムシンの塊を400グラム購入。真空パックに保冷剤をつけてもらって、これを持って娘一家の家まで電車を乗り継いで1時間で到着。
娘の家では孫と遊ぶこと3時間ほど。近所の公園に散歩も。機嫌のいい一歳児です。買って行ったラムシンでローストビーフを作成。出前クッキングです。妻は味噌汁などを作成していました。少々体調を崩している娘へのサーヴィスです。本当は孫と遊びたいのが第一ですが。料理は上手にできました。婿が帰ったら一緒にこうして食べてね、残りは二日後が美味、でも冷蔵庫で一週間ほどもつからね、とレクチャーして帰途に。8時頃に帰宅。
晩ごはんの後は「びーぐる」44号の校正作業。第3校が届いたので、そのチェックです。ほぼ大丈夫ですが、念のために全体をさらに精査。校了間近です。
深夜ワインはシチリアの赤。音楽はルネッサンス期のリュート曲。雨音が聞こえます。かなり降っている様子。梅雨らしい夜の雨です。羽曳野詩人は元気です。今日(火曜)からまた8コマの授業。がんばります。

66092334_1388267924644563_81351425107762

66265575_1388267957977893_19346020778503

 

66697899_1388177831320239_45394458109699

2019年7月 8日 (月)

ナゴヤドーム初体験

誕生日は3日前に過ぎたのですが、息子夫婦が誕生祝いにナゴヤドームに招待してくれたので、家族4人で朝早くでかけました。近鉄を乗り継いで名古屋行き特急アーバンライナーに乗って、名古屋地下鉄を乗り継いで、1時半にドームに到着。まずは弁当を買って試合開始に備えました。
なんと、まだ弁当をあけてもいない間にヤクルト山田選手の先頭打者ホームラン。ライナーでライトスタンドに運ぶ一打は美しい軌道を描きました。感心。とはいえ、やはり中日には勝ってほしい。弁当を食べながら見ていたら、その裏、怒涛の打者一巡攻撃で6対1とリード。堂上選手のホームランは美しい放物線。やはりテレビで見るのとは違います。
こうなると、投手は今やエースに成長した柳選手だし、ホームグラウンドだし、安心して見られます。ハラハラ・ドキドキの接戦も面白いのですが、球場の雰囲気を味わいながらゆったり気分で観戦するのもいいものです。一塁側内野席のかなり前の方なので、投手の球筋が真横から見えます。「伸びのあるストレート」とは聴いていましたが、よくわかりました。初速と終速がほとんど変わらないように見えます。よほど回転の良い球なのでしょうね。5点ビハインドで盗塁を成功させた山田選手の我儘さも楽しかった。これくらい自由でないとトリプルスリーなんか無理だなと納得。いや、楽しかった。平田選手と堂上選手の美技も見たし。「燃えよドラゴンズ」の大合唱も経験したし。ドアラのバク転も成功したし。何より、ホームグラウンドならではの応援席の一体感。これも初体験です。京セラドームで中日対阪神を見たことはありますが、このときには完全アウェイ状態。熱狂的な虎ファンの間で身をすくめていたものです。試合後のインタビューも見届けて、帰りは新幹線で帰阪しました。天王寺の寿司屋さんでビールで乾杯。あらためて誕生祝いと中日の勝利祝いです。お酒も少しいただいて、美味しいお寿司をいただきました。
子どもの頃からのドラゴンズファンですが、実はナゴヤドームは初めて。それどころか、ドーム以前の中日球場も含めて、ドラゴンズのホームゲームは初めでです。11歳の頃に父親に「中日球場に連れて行ってやろうか」と誘われたことがあるのですが、その後、父が重病を患って、約束は反故にならざるを得ませんでした。その亡父との約束を、55年後に息子に果たしてもらったような感じです。ありがたいことです。
深夜ワインはシチリアの赤。音楽はジョアン・ジルベルト。亡くなったのですね。享年88。お疲れ様でした。あれこれ感慨にふけっている羽曳野市民の文月の深夜です。

65925683_1387365924734763_44906835955595

66043357_1387504364720919_50494722754268

66144128_1387600028044686_48821839993273

«「びーぐる」44号校正佳境