フォト
無料ブログはココログ

« 志摩半島の山荘 | トップページ | カツサンドのち講義のち演習のち編集作業 »

2017年6月 6日 (火)

海岸のち田園のち緑のち校正

ウグイスの鳴き声で(それでも朝おそく)目が覚めて。遅い朝ごはん(ヨーグルトと紅茶だけ)と遅い昼ごはん(伊勢うどん)を食べてから海まで散歩に行きました。森の小径を抜けて県道に出て、徒歩30分ほどで国府白浜海岸です。見渡す限りの太平洋。快晴で湿度も低く、遠く安乗岬の灯台まで見えました。沖を行く大型タンカーなども。月曜ですが、けっこうサーファーの人たちで賑わっていました。そのまま砂浜を歩いて海水浴場のクラブハウスのような所まで。むかしよく子どもたちと海水浴に来た場所です。帰りはいつもバスの時間に合わせているのですが、待ち時間が2時間ほどあるので、タクシーに電話しました。が。なぜか乗客がいつもより多いらしく、こちらにまわしてもらえません。変だな。何か行事でもあったのかも。団体客とか。やむを得ず、歩いて帰りました。45分ほど。けっこう疲れます。家を片付けて再度タクシーに電話したら、今度は待ち時間は少々かかるものの来てくれるとのこと。なんとか予定通りの近鉄特急に間に合いました。
初夏のまぶしい光の中、車窓の風景もなかなかのものでした。この時期、収穫間近の麦と田植えを終えた水田のツートンカラーがすてきです。特に松阪のあたり。かなりの穀倉地帯なのですね。引き続き山の緑の中を抜けて奈良県の大和八木に到着。ここから電車を二つ乗り継いで古市着。帰宅は8時頃でした。志摩鵜方駅近くの鰻屋さん(もう25年のリピーターです)で買ったウナギ弁当で晩ご飯。美味でした。
論考の再校ゲラと詩稿の初校ゲラが届いていたので、夜はこの二つをチェック。終了してメールで連絡。おわりました。
深夜ワインはフランスの「猫」という名の赤。音楽はビル・エヴァンス。安定の美味美音です。そんな6月6日の羽曳野詩人です。

Dbihaf2uaaavop4 Dbiwlzbumaasrgq Dbi8iogvwaacd2q

« 志摩半島の山荘 | トップページ | カツサンドのち講義のち演習のち編集作業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591465/65375560

この記事へのトラックバック一覧です: 海岸のち田園のち緑のち校正:

« 志摩半島の山荘 | トップページ | カツサンドのち講義のち演習のち編集作業 »