フォト
無料ブログはココログ

« 谷川俊太郎の詩論詩 | トップページ | 猛暑の夏籠もり/詩集4冊 »

2017年8月 1日 (火)

ぼんやり

夏休み初日はなんとなくぼんやり過ごしました。「びーぐる」36号の追加発送分を作って、クロネコさんに取りにきていただいて。夕方、電器店に買い物がてら家族3人で外食はお好み焼きと焼きそばとイカの姿焼きで。のんびり過ごしました。
夜は詩集を一冊だけ読了。以下はツイッタより。

及川良子『したたる瞬間を』(あきは書館)東日本大震災を契機にまとめようと意図して編まれた一冊。亡くなった友人への追悼と津波被害の現場報告がおもなテーマだが、他に抽象的ながら瑞々しい抒情詩もある。表題作はないが「したたる瞬間(とき)」を4度繰り返す作品「曇天の 野っ原に」は秀逸だ。
(引用ここまで)

さて。8月に入りました。ひとまず一週間は業務がないので、早めに書評の原稿にかかります。そろそろ次のミッションの詩集も大量に届く頃です。毎年恒例のあれです。
深夜ワインはシチリアの赤の冷。音楽はシューベルトのピアノ・ソナタ。20年前、シューベルト生誕200年の際にFMで放送していたアンドラーシュ・シフのライヴ録音をMDで。そういえばシューベルトと中原中也は生年がちょうど110年ちがうのですね。大した発見でもありませんが。かなり蒸し暑いけどなんとか冷房なしですむ程度の羽曳野丘陵です。

Dgeugqzuwaat3bijpg_large Dgeuuctuqaicbvzjpg_large

« 谷川俊太郎の詩論詩 | トップページ | 猛暑の夏籠もり/詩集4冊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591465/65605612

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんやり:

« 谷川俊太郎の詩論詩 | トップページ | 猛暑の夏籠もり/詩集4冊 »