フォト
無料ブログはココログ

« 詩集一冊のち選挙のち編集のち詩集5冊 | トップページ | 授業開始のち対論、そして訃報 »

2017年9月12日 (火)

詩集一冊のち編集のち授業準備のち対論準備

残っていた夏休みの宿題、最後の一冊を読み終えました。以下はツイッタより。

北川朱実『夜明けをぜんぶ知っているよ』(思潮社)寡黙な中にも潤いのあるイメージを特長とする詩人の新詩集は掌編小説的詩篇4篇を含む25篇。至る所に水のイメージが描かれるのは川の多い故郷の土地への追憶だろうか、それとも現在住む土地の海への憧れだろうか。物語詩は微妙な狂気を秘めている。

夏の宿題が(ぎりぎりで)終了したので、次、「びーぐる」の編集作業です。ひとまず特集部分を確認して整理第一段階。続けて、翌日から始まる大学の授業準備。これはすぐに終わります。できました。さて。これも翌日に予定している対論の準備。たくさんの詩を読みました。さきほどまでずっと。ここでどうやら時間切れ。火曜日授業終了後、細見さんに来宅していただいて、対論を収録します。
深夜ワインはやはりボルドーの赤。音楽はバッハのリュート曲。完全に夏季休暇終了の深夜です。さ、秋の授業がんばろう。まずはフランス文学から。スタンバイです。

Djbdzpbumaa8o2a Djbgmx8vwaat1fd Djbguwv4aaxfyx

« 詩集一冊のち選挙のち編集のち詩集5冊 | トップページ | 授業開始のち対論、そして訃報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591465/65779850

この記事へのトラックバック一覧です: 詩集一冊のち編集のち授業準備のち対論準備:

« 詩集一冊のち選挙のち編集のち詩集5冊 | トップページ | 授業開始のち対論、そして訃報 »