フォト
無料ブログはココログ

« 授業二つのち原稿開始ほか | トップページ | のんびりのちステーキディナーのち推敲 »

2018年5月11日 (金)

小学校取材のち授業二つのち原稿

前日に続きタクシー出勤で早めの昼ごはん(手打ちスタミナうどん温玉つき)。少し休憩してから事務局へ。デザイン学科、音楽学科の教授と合流したところに大学の地元河南町の方たちが来られました。簡単な自己紹介の後、事務局長を含む一行で地元の小学校へ。河南町にある3つの小学校が統合し新しく開校することになって、その校章と校歌の制作の依頼が大学にありました。作詞を担当することになり、そのご挨拶を兼ねた見学と取材です。3校の校長先生にご挨拶して、いろいろお話をうかがいました。学校の歴史や立地条件、教育方針などをうかがって、校内を見学して、その後、高台の展望台や古墳や弘川寺などを案内していただいて、大学に帰りました。葛城山麓に位置した山間の小学校ですが、とてもすてきな自然に恵まれています。歴史的にも豊かな遺産がたくさんあって、とても気に入りました。西行の終焉の地として知られる桜の名所、弘川寺の僧房で明治7年に開校したのが始まりだそうです。地域そのものも古代からの歴史や南北朝の頃の歴史などもあって興味深いものですが、学校の歴史もたいしたものです。金山古墳は日本ではめずらしい双円墳ということで、だいたい前方後円墳が造られた6世紀頃のものだそうです。朝鮮半島にはよくある様式なので、渡来人の豪族の墳墓ではないかと考えられています。この日は時間があまりなく、ゆっくりできませんでしたが、今度は個人的に訪れてみたい所がいくつもありました。
午後3時からの授業にぎりぎり間に合う時間に大学に到着。すぐに演習の授業。続く5限目も演習で終了後ただちに帰宅は7時過ぎでした。疲れた。
夜は、早速この日の印象などをメモ。以前、香川県坂出市のダム湖の歌を作詞した時と同じ作曲家との作業なので、いちおうの経験はありますが、そのときには地元小学生たちからのリクエストを元にしたので、ゼロからの作詞となると初めて、しかも校歌ですから、責任が重大です。自分が死んだ後まで(たぶん)歌われていくことになるのだから、大切に丁寧にするべき仕事です。心してがんばります。明るくポップな歌ができるといいね、などと作曲家のTさんと話したりしました。
夜はまた、前日書き始めたエッセイの続き。ほぼ完成。原稿用紙5枚ほど。ごく短いものです。締切までまだ数日あるので、しばらく寝かせてから推敲する予定。
深夜ワインはボルドーの安定の赤。美味です。赤子さんは先程まで泣いていましたが、どうやら静かにおやすみになったようです。この日は一度だけ短時間抱っこさせていただきました。日に日に重くなっています。充実の持ち重り。元気です。

Dczgesnvwaawuzk

Dc0cjqmu0aazqk9

Dc0x2hdvaaaworu

« 授業二つのち原稿開始ほか | トップページ | のんびりのちステーキディナーのち推敲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591465/66706273

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校取材のち授業二つのち原稿:

« 授業二つのち原稿開始ほか | トップページ | のんびりのちステーキディナーのち推敲 »