フォト
無料ブログはココログ

« 掃除のちデータ整理のち依頼状 | トップページ | 演習のち講義のち詩集一冊 »

2018年7月11日 (水)

授業三つのち授業準備のち詩集一冊

例によって火曜は午後の授業を三つ。さすがに大学食堂の麺類も飽きてきたので、この日は駅前のパン屋さんでサンドイッチを買って電車バスで通勤。余裕で間に合って、サンドを食べてから授業。講義はブルトンとポンジュ。演習は町田康の新作を取り上げました。帰りに駅前でコーヒー豆を買って帰宅は7時過ぎ。かなりの暑さもあって相当疲れました。
晩ごはんの後はしばらくテレビで野球観戦をしながら仮眠(うたた寝)。気づいたらドラゴンズが勝っていました。最後はベテラン、中堅、新人のリレー。いい感じになって、再開、じゃなくて最下位脱出です。
金曜の授業準備を少ししてから詩集を一冊読みました。以下はツイッタより。 
大石陽次『木はどうなったか』(青灯社)何冊目の詩集かも何歳ぐらいの人かも分からないが(たぶんかなり高齢)、端正なリズムと気負わない口調は、新鮮かつ老練だ。日々の生活の中から新鮮なモチーフを探し出す手法は素朴かつ自然で、説得力に満ちている。妻を亡くした直後に書かれた4篇は痛切だ。
(引用ここまで)
深夜ワインはボルドー。音楽はビル・エヴァンスを聴いています。そんな梅雨明けの羽曳野丘陵です。
Dhu2oivv4aebnf7
Dhu4v20vmaafaww
Dhvhnapu0aecalf

« 掃除のちデータ整理のち依頼状 | トップページ | 演習のち講義のち詩集一冊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591465/66927487

この記事へのトラックバック一覧です: 授業三つのち授業準備のち詩集一冊:

« 掃除のちデータ整理のち依頼状 | トップページ | 演習のち講義のち詩集一冊 »