フォト
無料ブログはココログ

« 授業3つのち業務連絡のち詩集1冊 | トップページ | 学生同士顔合わせのち依頼状のち業務連絡など »

2018年11月 1日 (木)

授業一つのち歯科医院、詩集は3冊

この日もわけあってタクシー出勤。余裕で到着、カレーラーメン温玉つきを食べてから授業スタンバイ。講読演習は谷川俊太郎詩集『minimal』でした。途中から16年前のVTRを見せて終了。早めに帰宅しました。
帰宅後は詩集を1冊読みました。夕方までスタンバイ。午後6時から歯科医院です。ブリッジの治療の3回め。無事に終了して、新しいブリッジは快適です。念のため晩ごはんはやわらかい牡蠣の鍋でしたが。その後、詩集を2冊読みました。以下はツイッタより。

橋爪さち子『葉を煮る』(土曜美術社出版販売)京都生まれ大阪府在住の著者による第6詩集21篇。懐かしい旧友や思い出や生活の細部など、一見ささやかなモチーフを、独自の幻視と諧謔によって端正な詩に昇華している。特に老母を主題にした作品群は、切実さと磊落さの共存によって読者に迫ってくる。

美津島チタル『そば尼僧』(詩遊社)1988年大阪生まれの著者による第1詩集32篇。平易な言葉でユニークなイメージを紡ぎ出すユーモアとアイロニーは、大阪人ならではだろうか。特に様々な動物へのメタモルフォーズと野菜などの擬人化が面白く、上質のライトヴァースを思わせる。独創的な新人だ。

小川三郎『あかむらさき』(七月堂)著者第6詩集22篇。不思議な気配を漂わせ読者を困惑させる、掌編小説的行分け詩群。不条理で不可解な世界だが、なぜか優しく柔らかく懐かしい。異世界と現実界を自由に往還する感覚といえばいいだろうか。時には4コマ漫画の世界にも接近する。変幻自在な身体だ。
(引用ここまで)

深夜ワインはスペインの赤。オーガニックです。音楽はロカテッリの室内楽。なかなか典雅です。今日(木曜)は金曜授業日で本来なら授業はないのですが、昼休みに仕事があって出勤します。新しい歯も入って元気な羽曳野の祖父です。

Dq0txjxgaaatzy


Dq0pdwcvaaayvaw


Dq0ur_wvaaa73wj

« 授業3つのち業務連絡のち詩集1冊 | トップページ | 学生同士顔合わせのち依頼状のち業務連絡など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591465/67333650

この記事へのトラックバック一覧です: 授業一つのち歯科医院、詩集は3冊:

« 授業3つのち業務連絡のち詩集1冊 | トップページ | 学生同士顔合わせのち依頼状のち業務連絡など »