フォト
無料ブログはココログ

« 孫との休日のち翻訳ばりばり | トップページ | 授業三つのち対訳完成 »

2018年12月 4日 (火)

別れのち翻訳のち内科医院のち調理のち江國香織

小雨模様の中、娘と孫が横浜の自宅に帰るので、駐車場まで孫を抱っこして送りました。重い。来た時より500グラムぐらい増えたのではないでしょうか。息子の車のチャイルドシートに乗せて、これでお別れです。ちょうど一週間の滞在でした。次に会えるのは1月かな。
家の中が寂しくなりましたが、静寂と孤独は必要ともいえるので、気を取り直して仕事。仕事。先日からのフランス歌曲翻訳の続きです。今回はラヴェルとイベールのドン・キホーテを主題にした歌曲を計11曲。すべて初訳です。夕方、一旦中断してかかりつけの内科医院へ。バスで藤井寺まで。今回は血液検査の結果報告もあったのですが、ほぼ従来通り。大丈夫です。少し酒をひかえるようにとの注意は受けましたが。帰りにいきつけの精肉店で牛フィレ肉を買ってから帰宅。この日は、多忙な妻に代わって料理係。昼は簡単にかまあげうどんにしたので、夜は少し栄養価の高いもの、というわけでステーキ・ディナーです。いつもは各100グラムぐらいにするのですが、この日は店頭に130グラムほどのものしかなくて、多いかなと想いつつ二つ買いました。きのこソース添え。あとはインスタントのコーンポタージュとカット野菜のサラダとロールパン。ふたりとも完食しました。美味。ワインも少々。
夜は翻訳の続き。ほぼできました。もう少し推敲してから送付します。時間がまだ早かったので、江國香織の短編「ぬるい眠り」を読了。これは授業の準備です。
深夜ワインは南仏の赤。音楽はひさしぶりにスカルラッティのチェンバロ曲。隣室にだれもいないので気兼ねなく。そんな静かな静かな初冬の羽曳野丘陵です。

Dtdjb5kucaauylc


Dtf6rt3uwaatvwsjpg_large

« 孫との休日のち翻訳ばりばり | トップページ | 授業三つのち対訳完成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591465/67447440

この記事へのトラックバック一覧です: 別れのち翻訳のち内科医院のち調理のち江國香織:

« 孫との休日のち翻訳ばりばり | トップページ | 授業三つのち対訳完成 »