フォト
無料ブログはココログ

« 料理のち対論のち誕生会 | トップページ | 卒業制作チェックのち原稿原稿原稿 »

2018年12月19日 (水)

一日中文字起こし編集作業

前日の対論ではありません。一ヶ月前の小野十三郎賞受賞者インタビューの文字起こし原稿です。3段組み12ページほど。かなりあります。小見出しをつけながら整理整頓。かなり無駄なことも話していますし、話し言葉特有の繰り返しや倒置も多いので、文章の調整だけでもかなり神経を使います。それに、引用箇所の確認や前後の整合性など、チェック項目はたくさん。対論の場合は相棒がいつも慣れた相手なので比較的スムーズに進むのですが、いつもそういうわけには行きません。でも、受賞者の吉田義昭さんがとてもフレンドリーに答えてくれているので、楽しい一面もあります。あらためて吉田さんと親しく話している気分になれました。昼間いちおうめどがついて、晩ごはん休み。
夜は、さらに調整と推敲。さきほどようやく終わりました。吉田さんにメール送稿。返信を待って最後の調整を行います。こうして冬休み二日目が過ぎました。
今年の冬休みは、一日に一つの原稿を目標にしています。連載原稿3つ、詩2つ、書評2つ、文字起こし編集2つ。エッセイ1つ。これで10日分ですね。あとは「関西詩人協会会報」と「びーぐる」の編集作業。どうやらそのあたりで年越しになりそう。あとは、机上に積み上がっている新刊詩集20冊を読むこと。冬休みなので仕事(詩事)がはかどります。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はアルベニスのギター曲。静かにふける冬の丘陵です。

Durxgcoucaalvcq


Durp2qou8aa2ij2

« 料理のち対論のち誕生会 | トップページ | 卒業制作チェックのち原稿原稿原稿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日中文字起こし編集作業:

« 料理のち対論のち誕生会 | トップページ | 卒業制作チェックのち原稿原稿原稿 »