フォト
無料ブログはココログ

« 年賀状投函のち研究会準備のち詩集3冊 | トップページ | 文字起こし編集作業二つ、合間にクリスマス・ディナー »

2018年12月24日 (月)

ボードレール研究会のち懇親会のち二次会

午後2時半に、大阪梅田茶屋町の神戸大学サテライトキャンパスに、21名が集まって、ボードレール研究会でした。もう21年続いています。初期の頃からのメンバーと途中からの、そして最近の若いメンバーが集合。今回は、ボードレール『小散文詩 パリの憂愁』の拙訳刊行を記念して、というこで2時間ほどお話しました。司会は発足当初からの相棒と呼ぶべき北村卓さん(大阪大学)、幹事役は若手の廣田大地さん(神戸大学)。40年におよぶ私的研究歴を話した後、新訳と解説についてあれこれポイント整理。今回は、東京、富山、宮崎、名古屋など、各地から集っていただいて、たのしく終了。
終了後は、近くの店で懇親会を十数名で。特に若い研究者からの質問が多くて、あまり落ち着いて飲食できませんでしたが、楽しい一夜でした。その後、旧知の人たち6人で二次会はバーでシャンパンなどを飲みながら。かなり踏み込んだ議論などもあって白熱。いいものですね、ひさしぶりの研究仲間との会話。帰宅は11時。疲れましたが、たのしくうれしい一夜でした。
さすがにこの時間から復活は無理なので、少し休んでからシャワーを浴びて、あとはいつも通り深夜ワインはどこかの赤。音楽はラモーのクラヴサン。一日中フレンチな日でした。
さて。今年も残りわずかですが、クリスマスから大晦日、そして新年というコースは無事に貫徹できそうです。あと、詩1篇を書くことと、詩集を十数冊読むこと。これで無事に年末にたどり着けるはず。はず。はず。そんな師走の羽曳野祖父詩人です。

Dvgrzeuvsaeaie


Dvgufxqvsaayyfe

« 年賀状投函のち研究会準備のち詩集3冊 | トップページ | 文字起こし編集作業二つ、合間にクリスマス・ディナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボードレール研究会のち懇親会のち二次会:

« 年賀状投函のち研究会準備のち詩集3冊 | トップページ | 文字起こし編集作業二つ、合間にクリスマス・ディナー »