フォト
無料ブログはココログ

« 谷川俊太郎全《詩集》を読む、第2回執筆開始 | トップページ | 高見順賞授賞式から京都泊のち北野天満宮 »

2019年3月15日 (金)

原稿完成のち体験入学のち会報ほぼ校了

昼間は前日の原稿の続き。谷川俊太郎『あなたに』について1600字ほど書きました。うっかり消去してしまった失敗もありましたが(以後注意)プリントアウトしたものがあったので再現。これで「びーぐる」43号の原稿1つ完成です。
夕方に家を出てバス近鉄地下鉄で大阪市内まで。6時半から文学学校の体験入学を担当しました。ほぼ2時間ぴったりで終了して、近くの中華料理店でみんなで食事して、軽くお酒も飲んで、帰宅は11時前。
帰宅したら関西詩人協会会報の再校ゲラが届いていたので、早速チェックの上、3名の運営委員にメール送稿。これでほぼ校了ですが、急ぐ必要はないので、2,3日寝かせておきます。思いがけないミスが見つかる場合もあるので。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽は今夜もソコロフのピアノでバッハを聴いています。今日(金曜)は昼頃に家を出て東京に向かいます。夕方からのイベントに参加予定。夜は京都まで戻って一泊、その翌日に帰宅の予定。ひさしぶりに少しぐらい京都観光をしようかな、と思っています。そんな深夜の羽曳野祖父詩人は元気です。

D1mwfadvaaeya_6


D1nx1bkv4aap6u


D1oceq8vaaafk3e

« 谷川俊太郎全《詩集》を読む、第2回執筆開始 | トップページ | 高見順賞授賞式から京都泊のち北野天満宮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原稿完成のち体験入学のち会報ほぼ校了:

« 谷川俊太郎全《詩集》を読む、第2回執筆開始 | トップページ | 高見順賞授賞式から京都泊のち北野天満宮 »