フォト
無料ブログはココログ

« 連載執筆あいまに外食 | トップページ | 疲労をおして授業3つのち投稿作品 »

2019年6月11日 (火)

宿酔のち歯科医院のち原稿一つ完成

前の夜に(いや、朝まで)ちょっと飲みすぎました。調子に乗りすぎたのですね。おかげでこの日は昼間ずっと宿酔。夕方、歯科医院の定期チェックがあったのですが、衛生士の方にその旨を告げて、アルコールの匂いがあったからごめんなさいね、と断りました。今回は少々不具合のところがあったので修理作業を少々。いつもは一週間ほどおいて2回ですむのですが(これが3ヶ月ごと)今回はもう一度通うことになりました。来週。
晩ごはんの後、ようやく正気が戻ってきたので、先日書き始めた「びーぐる」連載の続きを執筆。いちおう終わりました。「谷川俊太郎全《詩集》を読む」第3回は『21』『落首九十九』『旅』『うつむく青年』これで1971年まで。まだまだ先は長い。
「びーぐる」44号の原稿は、これで連載と詩が終わりました。残るは投稿欄ともう一つの連載。今回は対論を休載します。この日は「びーぐる」締切日なので原稿が次々届きました。未入稿のものを待ちながら編集作業に入ります。早速、原稿データを整理して編集同人たちに送稿。今回もまずまず順調な出だしです。
さ、今日からまた4日間8コマの授業開始。その準備も少ししました。体調を整えてがんばります。深夜ワインは南仏ラングドックの赤。音楽はソコロフのピアノでバッハ、これもすっかり定番です。入梅間近の羽曳野丘陵より。

D8sybluucae0b

D8sx1a1u8aavxgn

D8ssrrau8aawrfr

« 連載執筆あいまに外食 | トップページ | 疲労をおして授業3つのち投稿作品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連載執筆あいまに外食 | トップページ | 疲労をおして授業3つのち投稿作品 »