フォト
無料ブログはココログ

« 授業3つのち「びーぐる」原稿全揃い | トップページ | 梅雨入りの午後、授業2つのち推敲を遂行 »

2019年6月27日 (木)

講義一つのち詩作

午後おそくの講義のためバス電車バスで早めに到着。駅のコンビニで買った冷やし中華で昼ごはんは研究室で。3時からの講義は小野十三郎でした。『詩論』を中心に80分ほど。ちょうどキリがよかったので少しだけ早く終了。続きは来週します。その後、業務用の書類を一つ書いて、帰りにコーヒー豆とフィレ肉を買って帰宅は6時頃。このところ疲労気味なので肉が食べたくなりました。これは経験則。最近はローストビーフが多いのですが、この日はシンプルにステーキディナー。ホタテサラダとコーンポタージュも一緒に。美味でした。妻にも喜んでもらえたし。
夜は詩を一つ書きました。前の深夜にふと思いついたモチーフで、37行。締切まで数日あるので、少し寝かせてから推敲します。これでいいのかな、と自分を疑いながら、ですが。
深夜ワインはスペインの赤。音楽はダウランドのリュート曲。どうやら関西地方も梅雨入りしたとのことですが、今のところ雨は降っていません。古市駅前広場の傘のインスタレーションは雨乞いの儀式でしょうか。まさか。そんないちおう梅雨の羽曳野丘陵です。

D99jp1vu8aaevcgjpg-large

D99kldducaa8ntqjpg-large

« 授業3つのち「びーぐる」原稿全揃い | トップページ | 梅雨入りの午後、授業2つのち推敲を遂行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業3つのち「びーぐる」原稿全揃い | トップページ | 梅雨入りの午後、授業2つのち推敲を遂行 »