フォト
無料ブログはココログ

« 静養のち添削のち詩集一冊 | トップページ | 宿酔のち歯科医院のち原稿一つ完成 »

2019年6月10日 (月)

連載執筆あいまに外食

「びーぐる」44号の連載を執筆していました。「谷川俊太郎全《詩集》を読む」の第3回は、第7詩集『21』から第10詩集『うつむく青年』までを掲載予定。第8詩集『落首九十九』まで書いたところで晩ごはんの時間。
執筆を途中で中断して、晩ごはんは息子夫婦と3人で和食屋さんへ。妻が留守なので3人です。寿司を中心にいろいろ食べて、お酒も少し飲んで、9時過ぎに帰宅。しばらく休憩してから連載の続きを書きました。第9詩集『旅』についてはちょっとした新発見。あと一冊分まで来たところで時間切れ。
深夜ワインはスペインの赤。音楽はバッハのリュート曲。入梅直前の羽曳野丘陵はおだやかです。

D8mn031uiaavduj

D8ngfrbu8aedorf

« 静養のち添削のち詩集一冊 | トップページ | 宿酔のち歯科医院のち原稿一つ完成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静養のち添削のち詩集一冊 | トップページ | 宿酔のち歯科医院のち原稿一つ完成 »