フォト
無料ブログはココログ

« 体調不良で欠勤のち回復そして書評 | トップページ | 授業3つのち読書少し、そっと6連勝 »

2019年7月16日 (火)

小野十三郎賞第一次選考のち推敲

第21回小野十三郎賞第一次選考会がありました。昼ごはんを家で食べてから(あなごとじ丼)出発。午後3時開始です。予備選考委員5名が集まって、まずは半分弱を選出する作業。全員慣れていますから、あまり苦労はしませんが、それでも慎重を期す作業です。個人的には、応募詩集のうち7割か8割ぐらいは既読なので、自分の担当分をわりと早く終了。空き時間は詩論書の方を読んでいました。こちらの選考はまだ先です。
終了後は、近くのうどん屋さんで懇親会。ビールと日本酒を少々いただいて、おでんや合鴨などをいただいて、シメは天ざるうどん。美味でした。帰宅は9時半頃。
しばらく休憩の後、前日書き終えた書評原稿の推敲を遂行。最後にタイトルを変更して、もう大丈夫と判断したので編集部へメール送稿。終わりました。どうやらこれで喫緊の締切はなさそう、たぶん。単行本一冊分の校正はありますが。念の為確認します。あ、提出書類が少しありました。これは後日。
さて。今週は木曜がなぜか「月曜授業日」なので、週3日で6コマの授業です。少し楽。でも、日曜は用があって外出するので、ウィークエンドはあまり休めません。その次の週は怒涛の6連戦が待っています。体調を整えつつ乗り切ります。
深夜ワインはスペインの赤。音楽はボサノバ。今夜は写真がありません。ちょっと寂しい夜です。夏休みまであと2週間とちょっと。がんばります。

« 体調不良で欠勤のち回復そして書評 | トップページ | 授業3つのち読書少し、そっと6連勝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体調不良で欠勤のち回復そして書評 | トップページ | 授業3つのち読書少し、そっと6連勝 »