フォト
無料ブログはココログ

« 水曜授業終了のち校正作業終了 | トップページ | 孫との対話のち詩集二冊 孫との対話のち詩集二冊 »

2019年8月 2日 (金)

前期授業終了のち「あとがき」執筆

木曜授業は午後おそく二つ。炎暑のなかバス電車バスで大学着。演習二つですが、どちらもチェック済の課題を返却して、少し話をしただけで終了。この日は近くでPL花火大会があるので、混雑に巻き込まれないよう早めの帰宅を勧めました。これで前期授業すべて終了です。今期も皆勤。えらいなあ。別にたいしたことじゃないけど。
夜は、打ち上げのために自分でローストビーフを調理。簡単なものです。フライパンで10分ほど。360度すべての面に火を通すことが前提で、あとはアルミホイルと布巾で包んで余熱で20分。できたての温かいローストビーフも良いものです。妻にも喜んでいただいて美味でした。
晩ごはんの後は、今秋に刊行予定している『福永武彦の詩学』の「あとがき」を執筆。できました。どうやら大丈夫のようなので(校正もあるし)勢いで出版社に送稿。終わりました。これで再校ゲラを待ちます。その待機期間中は詩論書や詩集を読むつもり。机上の詩集は積み上がってきました。
深夜ワインはスペインの赤。音楽は軽いボサノバ。ようやく前期授業が終わって夏休みに漕ぎ着けました。とはいえ、あれこれ仕事があるので、長期休暇とはいきません。近年はずっとそんな感じですが。一週間ほどの休みが4回あって、その間に登校日が数日、と考えれば良いでしょうか。それでも夏休み。ちょっとはのんびりしたいと思っています。そんな真夏の夜の羽曳野市民です。

67384880_1405978622873493_36854814793007

« 水曜授業終了のち校正作業終了 | トップページ | 孫との対話のち詩集二冊 孫との対話のち詩集二冊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水曜授業終了のち校正作業終了 | トップページ | 孫との対話のち詩集二冊 孫との対話のち詩集二冊 »