フォト
無料ブログはココログ

« 授業3つのち推敲(あまりせず) | トップページ | 出雲蕎麦のち授業2つのち夜の会議 »

2019年10月 3日 (木)

編集後記のち校正のち添削のち推敲(ほぼできず)

貴重な「自宅研修日」なので一日中あれこれ業務。「対論」の文字起こしがまだ届かないので、まずは編集後記を書いて編集同人たちに送稿。未入稿の2つを待ちます。続いて、自分の文章の校正。今回は連載、特集アンケート、対論の3つなのですが、対論はまだ。執筆者校正がほぼそろったので、ゲラ紙を編集プロダクションにお届け。徒歩3分です。次いで、作詞演習の学生作品添削。普段は「推敲のお手伝い」といっているのですが、この場合は「添削」と呼びます。もちろん最終判断は本人がするのですが、これでは歌詞にならない、というところは容赦なく添削。けっこう時間がかかります。なんとか終了。さらに、日曜に予定されている「体験授業」の準備をしました。資料作成をさくさく。できました。
晩ごはんの後は、先日書いた文章の推敲。ちょっと寝かせたので推敲する部分が見つかると思ったのですが、やはりありません。推敲ほぼできず。どうやら推敲の要らない文章を書いてしまったようです。残念ですが仕方ない。今度はもっと推敲できそうな原稿を書くことにしよう。
今日(木曜)は午後おそくの授業の後、大阪市内で会議があります。ほぼ一日中ほかの作業はできません。次の金曜も昼間は授業なので、どうやら対論の編集作業は金曜夜か土曜になりそうです。でも大丈夫。間に合います、十分。
このところ、蔵書の管理が行き届かなくて(キャパを越えているのでしょうね)必要なのに見つからない本が2冊あります。これ以上探すのも時間の無駄と判断して、アマゾンで発注しました。幸いあまり古いものではないので、すぐに注文できたので大丈夫。
深夜ワインはボルドーの赤。音楽はデニー・ザイトリンのピアノ。偶然知ったのですが、よいジャズ・ピアニストです。今まで知らなかった。とても軽快で知的な演奏。いいものを知りました。こういう発見はたのしい。

71863885_1455615707909784_12278120504832

« 授業3つのち推敲(あまりせず) | トップページ | 出雲蕎麦のち授業2つのち夜の会議 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業3つのち推敲(あまりせず) | トップページ | 出雲蕎麦のち授業2つのち夜の会議 »