フォト
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月26日 (水)

息子夫婦来訪

朝から4つのリハビリと入浴の後、息子夫婦が来てくれました。小さめの折りたたみ式デスクを抱えて。早速セッティング。少々低すぎるのですが、使えなくはなさそうです。あと2ヶ月、足のリハビリに励みつつ心身のリフレッシュを目指して環境が整いつつあります。

「びーぐる」45号に掲載した「谷川俊太郎全詩集を読む」第4回をHPにアップしました。1975年の『定義』まで4冊を取り上げています。

http://yamadakenji.la.coocan.jp/zenshishu4.htm

2020年2月25日 (火)

小野十三郎から長谷川龍生へ 小野十三郎から長谷川龍生へ

病気入院のため、大変おそくなりましたが、「現代詩手帖11月号」に寄稿した「静力学と動力学 小野十三郎から長谷川龍生へ」をHPに掲載しました。こちらです。http://yamadakenji.la.coocan.jp/hasegawa.htm ご一読を。


2020年2月21日 (金)

新生活三日目に書類を一つ

個室に移ってから3日目になりました。少し慣れてきたようです。窓がなかった以前の部屋と異なり、北側ながらかなり大きな窓が2つ。向かいは国際中高学校です。4月になったら桜も見られそう。

一昨日、息子がパソコンを持ってきてくれたので、以前と同じような環境が整いました。昨日は大学の書類を一つ作成。少々面倒な作業ですが、今日最終確認をして完成です。これで喫緊の用事は一通り終わりました。これから2ヶ月ほど、リハビリの合間に気儘な原稿を書くつもりです。詩は2つ併行していますが、なかなか完成しません。

この病院では通常のリハビリ以外に、言語リハビリ、音楽リハビリなどがあって、様々なメニューを提供してくれます。最近は敷地内の「音楽棟」にしばしばお邪魔して、スタッフの方と昭和歌謡などを(ピアノ伴奏で)歌っています。病気のあと、少々声量が落ちたようなので、そのリハビリでもあります。現在の目標は60デシベルを20秒。なかなか難関です。

Erizekpvuamtqxb

2020年2月18日 (火)

午後に五つのリハビリ

足のリハビリのために入院中ですが、さすがに午後だけで五つのリハビリはめずらしい。夕方6時前に終わった頃には足がふらついていました。

詩は二つを並行して書いていますが、どちらも今ひとつといった出来映え。時間があれば書けるといったものではないですね。なんとか近日中に一つは仕上げたいと思っています。そう、「びーぐる」復帰です。

2020年2月17日 (月)

病院で採点

午前中は40分ほどのリハビリだけだったので、レポートの採点をしました。4点のみ。休職中ですが、通信教育部は例外です。

午後はリバビリが3つ。かなり疲れますが、まずまず元気です。

2020年2月16日 (日)

600メートルの歩行

リハビリ生活がつづきます。この日は、背後から介護士さんに支えられてながらですが、合計600メートル歩きました。回復まではかなりかかると思いますが、少しずつ手応えお感じます。

今年も梅の季節て、妻から近所の梅の写真か届きました。この30年ほど、毎年道明寺天満宮で梅見しているのですが、今年はどうやら無理のようです。せめて、外出許可をもらって、近くの梅園に行きたいものです。

2020年2月13日 (木)

病院でシラバス

朝からリハビリを3つこなして、少し昼寝をしてから業務の書類に手をつけました。2020年のシラバス。体調を考慮してひとまず半分だけ復帰します。手元にパソコンはなく、iPadでの作業で少々手間取りましたが、2時間ほどで終了。

リハビリは、歩行器を使った歩行訓練から杖を用いての歩行へと進んでいます。少しずつ回復努力中。

2020年2月 4日 (火)

立春も病院で

びて朝食に。その後は入浴。次いでリハビリと、なかなか忙しい午前でした。午後はリハビリの後、毎月1度のカンファレンス。回復の具合や今後の展望など総合的な説明を受けます。妻、息子、嫁も集まって神妙に伺いました。幸い回復は予想以上、リハビリも順調に進んでいます。退院まであと3ヶ月ほどかかりそうですが、この際しっかり治して復帰しようと思っています。入院生活、まずは順調です。

 

 

2020年2月 3日 (月)

節分に詩1篇

朝日を浴びて食堂へ。早起きにもすっかり慣れました。めずらしく午前中にリハビリが済んだので午後はヒマ。こうなると詩作モードです。夜までかけて36行書きました。入院以来2作めです。

節分ということで晩ご飯はまきずしでした。さすがに豆まきはしませんが、それなりに季節感はありました。

 

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »