フォト
無料ブログはココログ

« リハビリのち病院のち詩集3冊 | トップページ | 1年ぶりの散髪 »

2020年6月24日 (水)

授業一つのち詩集一冊

火曜日は3年ゼミを一つ。どうも時間を延長してしまう傾向があります。通常の対面授業でしていた頃にはなかったことですが、まだ慣れていないということでしょうか。あるいは、教室の移動などの時間が不要なので、どこかに油断があるのかもしれません。今後の課題です。

夜は詩集を一冊読了しました。以下はツイッタより。

白井知子『旅を編む』(思潮社)イラン高原への旅の体験を中心に編んだ紀行詩集。空間的にも時間的にも広大なモチーフだけに、具体的なイメージを結ぶのは容易ではない。その点を詩人は宗教、歴史、民族、そして個人という明確なテーマによって立体視している。旅を編むとは時を編むことでもあるのだ。(引用ここまで)

Ebmcucauwaehf_f

« リハビリのち病院のち詩集3冊 | トップページ | 1年ぶりの散髪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リハビリのち病院のち詩集3冊 | トップページ | 1年ぶりの散髪 »