フォト
無料ブログはココログ

« 「びーぐる」依頼状など | トップページ | 授業2つで少々疲労 »

2020年7月22日 (水)

授業一つのち避暑

午後、リモート授業を一つしましたが、あとはわりとのんびり。たぶんこの夏一番の暑さで、羽曳野市は最高34度でした。さすがに外は暑い。涼しい屋内で家庭内避暑を決め込みました。おもに孫たちの相手。孫たちが我が家にいるのもあと一ヶ月ぐらいで、その先は娘一家の4人生活が始まり、こちらは夫婦2人の生活に戻ります。息子夫婦も娘夫婦も比較的近くに住むとはいえ、日常生活は静かで、たぶん少しは寂しいものとなるでしょう。この静寂もまた人生の味わいであり深みであり魅力でもあるし、何より宿命と心得て、落ち着いた晩年を迎えたいと思っています。まだ具体的には先のことですけど。

そろそろ月末締切の原稿が気になってきました。分厚い全詩集を読んでから長めの書評を書く仕事です。一通りは読んでいるのですが、まとまったことを書くためにはさらに精読が必要。そのための時間をできるだけ作りたいと思うのですが、無理はできません。おちついて。おだやかに。しずかに。瞑想します。

暑くなってきたとはいえ、この数年の猛暑と比べたら今のところ過ごしやすいように感じます。まだ梅雨明けもしていないので、本格的な酷暑はこれからだと思いますが、今年はリモート授業が多いだけ、過ごしやすいかもしれません。まだわかりませんが。

Edb3fquyaaq5y

« 「びーぐる」依頼状など | トップページ | 授業2つで少々疲労 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「びーぐる」依頼状など | トップページ | 授業2つで少々疲労 »